町田版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

9月26日に和光大学ポプリホールで独演会を行う 立川 晴の輔さん 41歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

「いつでも人生を”満喫”」

 ○…「いつかは”晴の輔落語”を確立したい」。大学卒業後、立川志の輔師匠の一番弟子として入門。大学1年のとき、師匠の高座を初めて観た。「衝撃が強すぎて落語が終わっても、しばらく立てなかった」と振り返る。それから毎月、師匠の高座に通った。「この思いが卒業まで続いたら、本物だろう。その時に弟子入りしよう」と決めた。

 ○…神戸市出身。親の仕事のため、横浜や藤沢、神戸など転校を繰り返した。幼いころの夢はプロ野球選手。「巨人に入団し、1番ファースト。そして新人賞が夢だった」と笑う。中学ではジャッキーチェンに夢中になり、機械体操部に入部。高校は岡山県津山市に転校。田舎はいやだと思っていたが、「住めば都」と、しっかり遊んで、高校生活を存分に「満喫」した。

 ○…楽しい人に出会いたいと大学では落研のドアを叩いた。「楽しいというより味わい深い奴ばっかり」と笑みを浮かべる。卒業後、「あのときの思いは本物だ」と弟子入りの機会を探った。家の前で土下座をして待った。断られても放送局の前で毎日頭を下げ待ち続けた。ある時、「食えないぞ、どうする」と声を掛けられ、車のキーを渡され入門が許された。

 ○…師匠の指示は抽象的で、「ハンバーガーを買ってこい」と言われ、「何バーガーですか」と尋ねると、「俺が今、食いたいハンバーガーだ」と返される。日常を共にし、「師匠は何を考えているのか」を問い続けると、師匠のしぐさや語り口だけでなく、『思い』も似通ってくる。初めて観た師匠の高座は約2時間。「たった1人で、そして言葉だけで師匠の世界にどっぷり引き込まれた。今度は僕の言葉でお客さんを引き込ませたい」。2013年に真打昇進。真打へ心構えを師匠に聞くと、一言「示せ!」。「やっぱり抽象的でしょ」と笑う。現在、各地で独演会を精力的に行い、市内でも町田駅前のパリオで4年前から定期独演会を続けている。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

渡辺 文久さん

町田産ブドウでワインをつくるプロジェクトを始めた

渡辺 文久さん

玉川学園在住 54歳 

4月15日号

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter