町田版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

動物保護団体「小さな命を守る会」会長で30年以上動物保護活動に参加をしている 其木 洋子さん 成瀬が丘在住 65歳

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena

小さな命を守るために

 ○…「様々な事情で飼い主を失ったイヌやネコのためになにかしたい」と30年ほど前から個人で保護活動をはじめる。1998年にボランティア団体「小さな命を守る会」を結成し、市内外各地で飼い主を失ったイヌやネコの里親探しに奮闘している。毎日のように里親とのやり取りや、他ボランティア組織との会議に参加し、「動物たちのためなら24時間営業よ」とエネルギッシュな笑顔を見せる。

 ○…北九州は小倉に生まれ、イヌやネコなどたくさんの動物に囲まれて育つ。現在は結婚を機に生活したカリフォルニアでの経験を活かし、自宅で英語の先生が本業。日舞、シャンソン、フラワーアレンジメントなど多くの趣味も持ち「全部動物保護を通して知り合った関係。色んな人が応援してくれて仲良くなって」とニッコリ。

 ○…「動物たちのために自分の人生を懸けよう」と決めたきっかけは「ケンちゃん」。保護し、かわいがっていたイヌを失いペットロスに陥っていた時、図師町のお寺で柴犬の雑種を見つけた。「ボロボロだったけど、ジッと見つめられて」。人を怖がり絶対に触らせてくれない「ケンちゃん」に毎日エサをあげにいった。「最初はよく怒られていたよね」と笑うが、嵐の日も雪の日も毎日、世話にくる姿にお寺の人たちも理解を示し、協力してくれるように。里親会などのイベント会場を提供してくれた。以来、個人レベルでなく、より幅広く動物保護活動を行うため、「小さな命を守る会」を結成。

 ○…自身の”核”にはマザーテレサの言葉『人は自分を必要としてくれる人がいれば生きられる』。「どんなにボロボロの動物でもたくさん愛をあげると一気に表情が『笑顔』になる」と保護活動の一番のやりがいを語る。今後の目標は多くの協力者が増えた同会の後継者を育て、保護活動をもっと広めること。家族も応援してくれていて「五体満足は里親に、五体不満足は我が家に」が家訓だそうだ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

岩城 直也さん

NYを拠点に日米で活躍する作・編曲家、演奏家で府中市でコンサートを行う

岩城 直也さん

町田市在住 28歳

8月11日号

太田 宏介さん

地元出身で、先月FC町田ゼルビアに入団した

太田 宏介さん

小川出身 35歳

8月4日号

竹中 清史さん

生涯学習センターの夏の平和イベントで原爆被爆体験を語る

竹中 清史さん

金井在住 83歳

7月28日号

高橋 瑞樹さん

米国バックネル大学准教授で、母校・町田高校で講義した

高橋 瑞樹さん

市内出身 49歳

7月21日号

高橋 清人さん

5月22日付で町田市町内会・自治会連合会の会長に就いた

高橋 清人さん

図師町在住 78歳

7月7日号

梅木 和江さん

「茶器袋物師」として活躍する

梅木 和江さん

金井ヶ丘在住 71歳

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook