町田版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

野津田公園で「ファミリー駅伝」を企画した元五輪選手 新宅 雅也さん 南成瀬在住 57歳

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

走る喜びを伝える

 ○…「好きなんですよ。走ることが何より」。競技者時代は遠征で全国を駆けめぐる日々。お子さんの運動会をみることもできなかった。「家族の思い出を」という奥さんの提案に乗り、家族駅伝に出場したことが自分を変えた。競技者でなく一人の父親として走る楽しさを知る。「親が子どもを応援し、子どもも親を応援する」。”絆を深める走り”の喜びを伝えるため、ファミリー駅伝を企画した。

 〇…日本選手権12連勝、日本記録を7回樹立、3度のアジア大会優勝に3度の五輪代表選手への選出。日本マラソン会の黄金期を支えた立役者の小学生時代は「80人中16番目くらいかな」と懐かしむ。『負けたくない』の一心で、育った広島の海辺を走り続けた。小学校を卒業する頃には3番になるが「まだ上がいるって思ったよ」。”一番の負けず嫌い”の努力が日本一のランナーの始まり。「マラソンにセンスは2割くらい。8割が努力ですよ。だから楽しい」と笑顔で話す。指導する子どもの陸上教室では、子どもたちがタイムを伸ばし”頑張った証”として報告をくれるのがなにより嬉しい。

 〇…現役時代のジンクスは「靴は左足から」「試合の前日には体を触らせない」。常に走りのことを考え、感覚を研ぎ澄ます。試合の日の朝、時折家族に誓う「今日は優勝の日だ」という”予告”が外れたことはなかった。過信でなく自信があった。ソウル五輪のころもまさに絶好調。メダル獲得へ国中の期待が高まるが結果はまさかの17位。「人生一番の挫折かな。1カ月はなにもできなかったよね」

 〇…趣味も仕事も走ること。現在の目標は還暦までにランナー憧れの「サブ3」を再度達成すること。ソウル五輪の挫折は「鼻が高くならなくてよかったのかな」とやっとの想いで振り返れるように。「マラソン競技には本当にお世話になった」と恩返しの気持ちを込め、子どもたち、若手選手の育成に取り組む。もちろん、東京五輪も視野に入れて。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

伊藤 秀俊さん

一般社団法人町田青年会議所の第54代理事長に就任した

伊藤 秀俊さん

金森在住 39歳 

1月21日号

西山 由之さん

西山美術館の館長を務める

西山 由之さん

野津田町在住 78歳

1月7日号

内田 真吾さん

鶴川イルミネーション実行委員会で代表を務める

内田 真吾さん

野津田在住 55歳

12月3日号

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク