町田版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

5月21日に監督として手掛けた作品「ふたりで別の歌を」を上映する 内田 佑季さん 桜美林大卒 24歳

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena

モノづくりに魅せられ

 ○…「もう二度と撮るものか!」。映画監督を務めている時はいつもそう思うという。映画に携わる多くの人をまとめながら、『何かを創り出す』ことに大きなプレッシャーを感じながら、撮影に臨む。「みんな何かを創りたくて、映画に向き合っている。その気持ちを形にすることは、とてもプレッシャーになるけど、撮り終えると『次はどうしようかな』ってなるから、不思議ですよね」。これまで監督として3作品を手掛けた。

 ○…「小学生のころから小説を書いていた」。何かを創作したいという気持ちは小さい頃からあった。家で一人でいることが多く、テレビで映画をよく観ていたという。「ジブリ作品は死ぬほど見ましたね。観たら落ち着くんです」と笑う。中学生の時、チェコの作品を観て衝撃を受ける。ジャケットが気に入ってたまたま手に取った映画で、作品の独特の世界に引き込まれていった。

 ○…小説や脚本を書きながら、高校3年生で初めて映画を撮った。モノづくりに改めてのめり込んでいった。映画だけでなく、幅広い分野の勉強がしたいと桜美林大学に進んだ。哲学や宗教、経済など自身の視野をひろげていく。在学時に監督として3作品を完成させ、卒業時に制作した「ふたりで別の歌を」は、高く評価され、第31回『そつせい祭』最優秀作品賞に選ばれた。撮影に2カ月間、編集には1カ月を要した。

 ○…卒業後は、実家がある千葉県に戻り、アルバイトをしながら脚本づくりに費やしている。「やっと映画を撮れる資金を稼ぐことができた」とにっこり。この夏から撮影が始まる。「『映画しか能がない』人が集まって、ゆっくり作品を創っていきたい」。映画づくりに対する姿勢を「自分の範囲内で、入り込みすぎず作品との距離を大切にしていきたい」と話し、「いつか、いい作品が撮れて、昼間っからビールが飲める生活になればね」とお茶面な目で笑う。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

小宮山 文彦さん

小山町・小山ヶ丘・相原町を管轄する南大沢警察署長に着任した

小宮山 文彦さん

南大沢在住 58歳

11月11日号

浅倉 彩さん

「2021ジャパン・ケーキショー東京」の一部門で銅賞を受賞した

浅倉 彩さん

町田市在住 40歳

11月4日号

須貝(すがい) 麻優子さん

グリーンヨガフェスタ町田実行委員会で実行委員長を務める

須貝(すがい) 麻優子さん

広袴在住 51歳

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook