町田版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

自然案内人「プロ・ナチュラリスト」として国内外で自然観察会を開く 佐々木 洋さん 金井在住 54歳

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

自然への扉を開く

 ○…全国の小学校や幼稚園で「自然解説」を行い、独特の表現と口調で自然の大切さ、魅力を伝える「プロ・ナチュラリスト」(自然案内人)。数少ない職業の第一人者でNHK教育番組やラジオ、多数の著書などで精力的に活動する。「子どもたちの本質は変わらないと思うんです。自然の中のちょっとした出来事で笑顔になる」。はじめは汚れるのを嫌がっていた子も、魔法をかけられたように”隊長”と一緒に自然を楽しむ。

 ○…一番古い記憶は植木鉢の下のダンゴムシ。幼少時代は生き物に朝から晩まで夢中になった。「周りの大人たちは止めなかったので毎日泥んこでしたね」。思春期にはイメージを隠し「隠れナチュラリスト」として活動したが、大学生になった頃に幼少期の故郷を訪れ衝撃を受ける。「原っぱや雑木林の多くが駐車場やビルになっていたんです。なんとかしなきゃって」。”大切な遊び場”を守るためには、署名活動などでなく自然のファンを増やすことが近道と考えた。塾講師や出版社で働きながら本を読み漁り、研究者に師事。ボランティアで自然観察会を開く毎日がはじまった。

 ○…休みもほとんどない現在は「好きな事をやっているのでとても楽しい」。10年ほど前にやってきた町田は美しい里山がお気に入り。「大好きなタヌキは『マチ(町)ダヌキ』って勝手に呼んでいます」とニッコリ。これからの季節は「バードウォッチングがおススメ。山から降りてきた鳥に渡り鳥も葉が落ちて見やすいんです。暖かい恰好で出かけて欲しいですね」

 ○…『世の中には色んなものがある』。子どもたちが小さな虫を見つけた時は、その違いと種類を丁寧に話す。大切に観察していた植物が枯れてしまうときは『思い通りにならないこともある』と伝える。それから生き物と同じで『何一ついらないものはない』ということも。自然と子どもたちの間に立ち、日々メッセージを送り続ける。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

宮澤 雅文さん

町田市民文学館の「のりものえほん展」にあるジオラマを製作した

宮澤 雅文さん

相模原市在住 61歳

9月16日号

鈴木 忠さん

第11代町田市社会福祉協議会会長に就任した

鈴木 忠さん

鶴間在住 76歳

9月9日号

渡辺 縁(ゆかり)さん

「真之山ふるさとの森を守る会」の代表を務める

渡辺 縁(ゆかり)さん

本町田在住

9月2日号

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

初となるアガサ・クリスティの法廷劇に一人芝居で挑む

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

能ケ谷在住 

8月19日号

バンバン ルディアントさん

和光大学教授でインドネシアを広める活動に力を入れる

バンバン ルディアントさん

川崎市在住 54歳 

8月12日号

高橋 豊さん

(一財)町田市文化・国際交流財団の理事長に就任した

高橋 豊さん

木曽西在住 66歳 

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook