町田版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

数字で見る投票率 10代も徐々に低下 町田市 若い世代に啓発

政治

 10月22日に投開票が行われた衆議院議員選挙の年代別投票率などがこのほど、公表された。町田市内の10代の投票率は市内の平均投票率(55・24%)を大きく下回る43・11%だった。2016年に選挙権が18歳まで引き下げられてから、衆議院選では初の投票となった。

 町田市内の10代の有権者数(10/22投票日現在)は、18歳男性が2,222人、18歳女性が2,151人(合計4,373人)。19歳男性が2,282人、19歳女性が2,163人(合計4,445人)だった。

 その内、実際に投票した18歳は合計2,099人、19歳は合計1,702人だった。18歳の投票率は48・00%、そして19歳の投票率は38・29%と市内の全平均より16・95ポイント低かった。

20代一番低く

 年代別の投票率を比べると一番高いのは74・16%の70代。一方、一番低いのは10代ではなく、20代の32・45%。特に20代前半の21歳〜24歳は31・96%で、投票率の一番高い70歳〜74歳の75・50%の半分にも届かない結果となった。

徐々に低下傾向

 2016年から投票権が18歳まで引き下げられてからの選挙は、町田市内では16年7月の参議院議員選挙と東京都知事選挙、17年7月の東京都議会議員選挙、そして今回の衆議院選挙の4回。

 初の10代が選挙権を得た参議院議員選挙の投票率は18歳が60・00%、19歳が51・97%で10代合計は55・90%だった。市内の全投票率は58・75%に比べ、2・85ポイント低かった。続く都知事選は18歳平均49・65%、19歳43・42%で10代平均46・49%(全体60・68%)。14・19ポイント差。都議選は18歳46・79%、19歳33・86%、10代平均40・45%(同54・29%)。13・84ポイント差。

7割が棄権

 10代が選挙権を得た4つの選挙で、一番投票率が低い年代は全て20代。参院選43・65%、都知事選37・55%、都議選28・69%となり、都議選は7割以上の有権者が棄権した。

イメージモデル決定

 町田市では若い世代に選挙に関心を持ってもらおうと来年2月に行われる町田市長・市議会議員選をPRするイメージモデルを公募し、10代のイメージモデル3人が決定した。キャッチコピーも16歳のアイデアが採用された。今後、啓発ポスターなどに登場するほかイベントなどで活躍する。

町田版のトップニュース最新6件

2018シーズン始動

FC町田ゼルビア

2018シーズン始動

1月18日号

「ごみ分別はアプリで」

町田市

「ごみ分別はアプリで」

1月18日号

ペッパー使うアイデア発表

町田市内小中学生

ペッパー使うアイデア発表

1月11日号

「きそっち」オープン

木曽こどもクラブ

「きそっち」オープン

1月11日号

新成人4,503人の門出

口の健康で認知症予防

町田市歯科医師会

口の健康で認知症予防

1月4日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

魅力的な街の姿とは

魅力的な街の姿とは

話題の本の著者が語る

2月7日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク