町田版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

その声援は確かに届いている FC町田ゼルビア

スポーツ

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 2020年――オリンピックイヤーとなるこの年にJ1への昇格を目指しているFC町田ゼルビア。そのための布石となる2017シーズンが終了した。J2リーグ、そして相馬監督体制での2年目の成績は11勝17分14敗で22チーム中の16位。4年ぶりにJ2に復帰し、クラブ史上最高の7位という成績を残した昨年から比べれば物足りないといえるかもしれない(昨年は18勝11分13敗)。

 しかし、2年目となるJ2リーグで他チームにマークされたこと、そして何よりも昨シーズンは2人で合わせて30得点の鈴木孝司選手と中村裕也選手をけがで欠いていながらのこの順位は十分によくやったと言えるのではないだろうか(実際、今季の総得点53は昨年と同じ)。

 勝っても負けても相馬監督をはじめ、選手たちが試合後のインタビューで必ず口にする言葉がある。「多くのサポーターが会場に足を運び、声援を送り続けてくれたことに感謝します」。応援してくれる人がいるから頑張れる。粘り強く、最後まであきらめない選手たちの姿勢は声援を送り続けるサポーターの力があってこそ。ゴール裏やスタンド、テレビの前で応援する人々の声や思いはピッチの上に確かに届いているのだ。

負けないゼルビア

 順位こそ昨年から9つ落としたが、負け数は1つしか増えていない。むしろ注目したいのが引き分けの数だ。昨年よりも6つも増えている。「なかなか勝てない」という声が多く聞かれたシーズン中だが、終わって見れば負けてもいない。最低でも勝点1を上げるという強い気持ちがもっともよく表れたシーズンともいえる。負けなければ少なくとも一歩前進することができる。「今季は大敗しないチームになったが、勝ち切ることができなかった。もっと多くの人たちに試合を見に来てもらえるようにもう一度仕切り直したい」と相馬監督は語った。

地域とのかかわり

 共に戦おう――ゼルビアが掲げる一つのスローガン。応援してくれる人々を大切に思うゼルビアが力を入れていることがある。それが地域の人たちとのふれあいだ。市内で行われるイベントへの参加や、サッカー教室の開催、ゼルビーが小学校を訪ねる「ゼルビア朝礼」など、ホームタウン活動を積極的に行っている。



 町田市民の力で生まれ、市民クラブとして誕生したゼルビア。来季、次のステージに向けてチームは始動する。その先にある大きな目標のために、応援してくれる多くの人たちの思いを背負い、チーム一丸となってサポーターと共に夢への階段を駆け上がる。

町田版のローカルニュース最新6

DV撤廃を目指して

DV撤廃を目指して 社会

市内2ソロプチが啓発

12月3日号

コロナ禍の制作活動を応援

鶴川ショートムービーコンテスト

コロナ禍の制作活動を応援 文化

密避けて新スタイルで

12月3日号

くじ引きで地域還元

アレサ商栄会

くじ引きで地域還元 経済

12月3日号

イルミネーションが点灯

2021年1月末まで

イルミネーションが点灯 文化

鶴川駅前やすらぎ公園

12月3日号

小さな命を守る里親探し

小さな命を守る里親探し 社会

コロナ禍で保護犬急増

12月3日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク