町田版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める 小川 洋一さん 小山町在住 62歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

穏やかな口調で真理語る

 ○…市内にある45のいろいろな宗派の寺院の住職と副住職で構成される町田市仏教会。副住職の立場としては初の会長に就任。お釈迦様の生誕を祝い4月に会が主催する「花まつりの集い」に向けて準備を進める。「この機会に多くの方に足を運んでもらえたら」と穏やかな口調で話す。

 ○…現在、長泉寺の住職は父親。その前は祖父が担っていた。自身もこの道へとは「まったく考えていなかった」。大学は法学部に進み、会社員になった。2年に一度の転勤で各地へ赴任し、15年勤めた後、父の説得に応じてお寺に戻る。学校に入り直し、念願だったサンスクリット語を学ぶ。「法学部のときにネパールとインドを旅行し、そこで譲られたお経の本を自分で読んでみたかった」。しかし、学んでみるとチベット語で書かれていたと笑う。

 ○…月に一度、高齢者施設でボランティア活動をする。入居者を前に仏教の話しをしたり、坐禅を組んだり。しっかりと準備し、うまく話しができたときは立ち上がって拍手が起こり、見送りにも来てくれる。充実した気分を味わい、心が満たされる瞬間だ。今春、10年続けてきたこれまでの話しをまとめて念願の本を出す。息抜きともいえるのが畑仕事。季節の野菜などを作り、妻に見せたくてピーナツも育てた。「落花生の花から種が地面に落ちるように伸びるのですよ」と話す。高校時代から続ける短歌も趣味の一つ。今も新聞などへ投稿を続ける。

 ○…宗派に関係なく、多くの寺院の代表が集まる「花まつり」。昨年の法要の後の法話では各宗派に別れる以前のものである「法句経」を読んだ。これはパーリというインドの言葉で書かれた「ダンマパダ」というお経で「真理の言葉」の意がある。会長として特定の宗派に偏らないよう気遣う。「先人が口伝し、書き残してくれたお釈迦様の言葉。今日まで伝わっていることに感謝し、その思いを多くの人に伝えたい」

町田版の人物風土記最新6

梅木 和江さん

「茶器袋物師」として活躍する

梅木 和江さん

金井ヶ丘在住 71歳

6月30日号

中田 雅子さん

詩人で、詩集「沙羅によせて」を上梓した

中田 雅子さん

南つくし野在住 86歳

6月23日号

由井友二(よしいともじ)さん

シベリヤ抑留の体験談をまとめた著書を上梓した

由井友二(よしいともじ)さん

鶴川在住 99歳

6月16日号

菅原 信明さん

小山のホタルと自然を守る会の会長で、片所谷戸の整備を続ける

菅原 信明さん

小山町在住 85歳

6月9日号

山野 達也さん

ペスカドーラ町田の職員で遊びの広場を企画した

山野 達也さん

大蔵町在住 35歳

6月2日号

大石 正巳さん

市内にアトリエ兼絵画教室を構える画家で、今月町田パリオで個展を開く

大石 正巳さん

森野在勤 84歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook