町田版 掲載号:2018年2月8日号
  • LINE
  • hatena

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した 杉山 大季さん  18歳

将来は迷わず起業する

 ○…「うそでしょ?」。受賞の発表を聞いた瞬間に真っ先に思ったこと。町田市で初開催となるビジネスプランコンテスト。一般と学生部門に分かれて応募があった全作品の中から協力者である安部多久見さんと連名で大賞に選ばれた。しかも社会人や大学生もいる応募者中、最年少での受賞というおまけ付きだ。

 ○…市内小山ケ丘にあるサレジオ高専の機械電子工学科3年生。受賞した「小型電動二輪車の非接触給電スポット」とは簡単に言えば「電動自転車の重い充電器を外さないでもそのまま充電できるようにする仕組み」のこと。スマホをケーブルに接続せずに置いたまま充電できる理論と同様だ。アイデアのヒントは恩師である米盛弘信先生との雑談から生まれた。実現可能なプランを求める参加企業の中から自分が学ぶ分野とテーマを選び、得意なことで勝負した。

 ○…高専卒業後は進学し、一般企業に勤めた後に起業すると決めている。両親を含め、周りに会社勤めをしている大人がいない環境で育った。「社会を知る意味で会社勤めも経験してみたい。でも楽しそうに仕事をしている父や母を見ているので独立することに迷いはありません」。小学4年まではいわゆる”がり勉”だった。中学では数学だけは飛びぬけて成績が良かった。自分の能力を生かせるのは高専だと思い、見学会で面白い先生が多かったのでサレジオに決めた。

 ○…最終審査日は定期試験の真っただ中。それでも、落ち着いたプレゼンで他を圧倒した。「毎週のように締め切りがあるレポートで先生から鍛えられているので」。プレゼンでは台本を読み上げるのではなく、自分の言葉で顔を上げて話した。受賞したプランが実現すれば、今後需要が見込めるレンタル自転車などの充電の無人化にもつながる。春からは4年生。「まだまだやりたいことがいっぱい」。早くも来年度のことで頭を悩ませている。

町田版の人物風土記最新6件

河本 結さん

女子プロゴルファーとして町田で後援会が発足した

河本 結さん

3月14日号

古山 宏樹さん

「遊団地」の音楽ライブイベントの取りまとめ役を務める

古山 宏樹さん

3月7日号

工藤 剛史さん

50年を迎えた町田木曽団地をテーマにした巡回写真展を開いている

工藤 剛史さん

2月28日号

仙北屋 正樹さん

仙北屋 正樹さん

2月14日号

矢口 壹琅さん

まち元気プロレス〜町田プロレスの総合プロデューサーを務める

矢口 壹琅さん

2月7日号

岡 健司さん

町田市まちだ名産品のれん会の新しい会長に就任した

岡 健司さん

1月31日号

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク