町田版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

FC町田ゼルビアの2018シーズンを追った『不屈のゼルビア』を上梓した 郡司 聡さん 市内在住 41歳

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

人の心は情熱でしか動かない

 ○…「クラブの発展に尽力する人の、思いの強さに揺さぶられた」。2012年、チームがJ2に上がった時のこと。サッカー専門新聞「エルゴラッソ」の町田担当としてフルシーズン駆け回り始めた頃だった。「少年サッカーの町」、町田のサッカー熱はこうした人から生まれると知った。さまざまな人にバトンタッチされて、選手やクラブ関係者への取材が進んだ。自身も、気づけば発展に寄与することとなる。

 ○…千葉県千葉市出身。高校時代、Jリーグの流行をテレビや雑誌を通じて感じた。「生活の一部」になるほどサッカー観戦にのめり込むように。なかでも1996年に読んだスポーツ雑誌「ナンバー」の、アトランタオリンピックでナイジェリアと対戦した日本代表の舞台裏を記録した記事に衝撃を受ける。「選手の感情や動作、熱がありありと感じられた」。次第に関心はメディア業界に向くようになる。

 ○…大学卒業後は広告代理店や編集プロダクションに勤務。「人の話を聞き、記事を書く」仕事の土台ができていった。2007年から同紙編集部へ。「自分の好きなサッカーを中心に生活が成立する。こんなに贅沢なことはない」と思った。今では休みはビールを飲みながら野球観戦に充てるという一面も。「仕事では集中しないといけないけど、たまには開放感があっていいですね」と笑う。

 ○…「77年組」として未来も見据える。大友社長、丸山強化部長、酒井コーチなど、ゼルビアを支える77年生まれのメンバーと同い年なのだ。振り返れば、選手の意志の強さに魅せられてきた。「いろんな人に協力してもらって成り立つ仕事。取材対象者やチームの軌跡をきちんと記録する。メディアの立場として、ゼルビアを支えたい」と決意を見せる。

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6

山下 潤一さん

JA東京グループ主催の農業男子×総選挙にJA町田市代表で参加する

山下 潤一さん

つくし野在住 27歳

10月29日号

園田 恵一さん

自然教室を開く「まちだネイチャーゲームの会」の代表を務める

園田 恵一さん

小川在住 60歳 

10月22日号

黒岩 まゆさん

町田パリオで開かれる「パリコレッ!芸術祭2020」に参加する現代美術家の

黒岩 まゆさん

相模原市在住 36歳

10月15日号

石橋 佑一郎さん

町田シバヒロのイベントで木版画のワークショップを行う

石橋 佑一郎さん

小山町在住 34歳

10月8日号

紙谷 正人さん

アメリカ発祥のラケットスポーツ「ピックルボール」の普及に努める

紙谷 正人さん

横浜市在住 41歳 

10月1日号

東田 修一さん

警視庁町田警察署長に就任した

東田 修一さん

警視正 56歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク