町田版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

今年度から町田市立国際版画美術館の館長に就任した 大久保 純一さん 印西市在住 60歳

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena

「版画」、その名を背負って

 ○…浮世絵について、ずっと長い間考えてきた。『カラー版 浮世絵』(岩波書店)や『広重と浮世絵風景画』(東京大学出版会)などの書物を上梓し、跡見学園女子大学で教鞭を執った後、国立歴史民俗博物館の教授を務める。「近世日本美術」の道を、約40年間第一線で走り続けてきた。今年4月、浮世絵のコレクションでも有名な町田市立国際版画美術館の館長に。「とくに、歌川広重と葛飾北斎に魅せられてきました。世界的に見ても、かなり特徴ある、魅力的な画家です」

 ○…徳島県に生まれる。学生時代は文学少年で、夏目漱石の作品に描かれるような「東京」に憧れた。「都会に行きたいという気持ちが芽生えてきました。『三四郎』に出てくる地名や建物を実際目にすると、とても興奮しましたね」と大学時代を振り返る。本と戯れる日々を過ごし、美術の世界に目を向けるようになった。大学院を修了し、本格的に浮世絵を専門として活動の幅を広げた。

 ○…現在は千葉県に居を構えている。「版画美術館に来るのに、実は2時間半かかるんです(笑)でも、その時間はゆっくり本を読むことに充てています。いまは、一週間のなかでも貴重な時間ですね」と話す。「ちなみに娘が東京の大学に通っていて、『遠い』と4年間文句を聞かされましたが、今ならその気持ちが分かります」と目を細める。

 ○…まずは、版画美術館をもっと市民にとって近い存在にすることを目指す。「有料の企画展はもちろん、ユニークなものにするとともに、無料の常設展の魅力も押し出したい。どなたでも一流の版画や美術作品を楽しむことができます」と熱く語る。市内学校の生徒作品展や併設されている工房にも熱視線を送る。「他の施設に携わったからこそ分かる魅力を、もっと伝えていきたい」

町田版の人物風土記最新6

小林 愛実さん

プロのキックボクサーとして11月にムエタイの世界タイトルを獲得した

小林 愛実さん

南つくし野在住 23歳

12月12日号

島田 旭緒(あきお)さん

日本で唯一となる動物専門の義肢装具士で、金井中で講演を行った

島田 旭緒(あきお)さん

根岸在住 39歳

12月5日号

西村  宗さん

市民文学館ことばらんどで4コマ漫画「サラリ君」の原画を初公開した漫画家の

西村 宗さん

玉川学園在住 83歳

11月28日号

西 利也さん

鶴川団地活性化プロジェクトのために電動カートの会社を立ち上げた

西 利也さん

高ヶ坂在住 47歳

11月21日号

玉木 靖浩(やすひろ)さん

小山、小山ヶ丘、相原地区を管轄する南大沢署の署長を務める

玉木 靖浩(やすひろ)さん

警視 58歳

11月14日号

三上 豊さん

ウェブサイト「町田市ゆかりの美術家たち」の運営責任者を務める

三上 豊さん

和光大学教授 69歳

11月7日号

岩崎 襟さん

11月から子どもたちに向けて楽しいレスリングの指導を町田で始める

岩崎 襟さん

鶴川在住 39歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

卒業生らの作品中心

卒業生らの作品中心

町田三田会美術展

12月11日~12月15日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク