町田版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

町田市 交通安全で都知事感謝状 3度の受賞は自治体初

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
左から、村松稠敏町田交通安全協会会長、高橋豊町田市副市長、小池百合子東京都知事、田中泰慶南大沢交通安全協会会長
左から、村松稠敏町田交通安全協会会長、高橋豊町田市副市長、小池百合子東京都知事、田中泰慶南大沢交通安全協会会長

 町田市が5月31日、「首都交通対策協議会会長賞」(都知事感謝状)を受賞した。これは2018年に行った交通安全の取組や交通事故件数の減少などの実績が評価されたもので、06年度、11年度に続き3度目の受賞となる。

 東京都内39市町村で、3度受賞した自治体は町田市が初めて。また、市とあわせて、町田交通安全協会と南大沢交通安全協会も受賞した。

 功労内容の「子供と高齢者の交通安全対策」では、教習所委託の高齢運転者安全運転教室の実施、シルバーパス更新時の啓発キャンペーンの実施、小学校自転車教室の実施と自転車運転免許証の交付が挙げられていた。

 「二輪車・自転車の対策」では、市民交通安全フェスティバルで白バイ隊員らによる乗車姿勢、運転の指導の実施、スタンプラリーを組み合わせた自転車教室の実施、市内保育園・幼稚園へのルメット着用を促す啓発ポスターの掲示などが並んだ。

外部との協力も

 各種イベントで民間や外部の組織とも協力してきた。飲酒運転根絶対策では、イベント時の飲酒ゴーグル体験ブースを設けたり、青山学院大学陸上競技部とのコラボとして、同部を反射材啓発隊として委嘱し、反射材タスキを身に着けて走ってもらうことで効果をアピールした。それらの活動により市内の交通事故件数が減少していることも評価された。同課の山岡誠課長は「各団体との協力あっての受賞。行政としてではなくて、市民の意識の高さも評価されたと思う」と述べた。

反射材を付けて走る青学陸上部
反射材を付けて走る青学陸上部

町田版のトップニュース最新6

遠方からの利用を抑制

都立公園3カ所

遠方からの利用を抑制 社会

3月7日まで駐車場閉鎖

3月4日号

人と犬の共生施設開設

南成瀬

人と犬の共生施設開設 社会

緊急事態時の受入先にも

3月4日号

コロナ対策に22億

町田市議会

コロナ対策に22億 社会

国の第3次補正予算を活用

2月25日号

共に闘うこと誓う

FC町田ゼルビア

共に闘うこと誓う 社会

開幕戦は2月28日

2月25日号

管理施設が一新

町田かたかごの森

管理施設が一新 社会

開園はHPでお知らせ

2月18日号

南多摩エリアの情勢は

衆院選

南多摩エリアの情勢は 政治

時期次第で都議選影響も

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク