町田版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

鶴川団地 電動カート 全国初の自家用有償運転 公道走り住民の足に

社会

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
多くの人に見守られて試乗車が出発
多くの人に見守られて試乗車が出発

 「鶴川団地活性化プロジェクト 団地名店街に行こう!」が11月1日からスタート。これに先立ち10月28日、高齢者の買い物の足となる電動カートのお披露目と出発式が同商店街で開かれた。

 同プロジェクトは買い物や外出困難な高齢者を対象にした取り組みで、全国で初めて自家用有償運送手段として電動カートが公道を走る。

 この取組みで使用する電動カートは4人乗りで、国土交通省が進めるCO2排出量の少ない電気自動車、速度は時速20Km未満で安全性が高いなど、5つの特長をもつグリーンスローモビリティに該当する。

 出発式で試乗した大野かよ子さんは「乗り心地はとても快適」とコメントした。

 運行は鶴川2・5・6丁目団地と鶴川団地センター名店街の間で、運行日は週2回(年末年始を除く)。団地に居住する高齢者が対象で、高齢者支援センターによる審査を経て、登録後に利用が可能となる(年間500円)。また運転を担うのは団地内の自治会や商店街有志から組織される「鶴川団地地域支え合い連絡会」メンバーで今後は運転ボランティアを募り、運転手の数を増やしていきたいという。

 事業の主体となって取り組む社会福祉法人悠々会の陶山慎治理事長は「高齢者の外出機会を増やし、また地域商店会で買い物をしていただくことで商店街の活性化を生み、さらに電気カートを使用することで環境問題への取り組みまで盛り込んだ欲張りな事業となりました」と笑顔であいさつを述べた。

 登録やボランティアの詳細・申し込みなどは同連絡会(午前8時30分から午後5時)【電話】042・737・7292まで。
 

あいさつする陶山理事長
あいさつする陶山理事長

町田版のトップニュース最新6

観光資源の魅力を向上

町田薬師池公園

観光資源の魅力を向上 社会

初の夜間ライトアップ

11月14日号

次につながる勝利

FC町田ゼルビア

次につながる勝利 社会

ホーム最終戦に残留かける

11月14日号

町田の魅力を全国に

地域産業 活性化

町田の魅力を全国に スポーツ

信金ネットワークでPR

11月7日号

駅周辺で駐輪場シェア

町田市

駅周辺で駐輪場シェア 社会

放置自転車対策に注力

10月31日号

桜美林キサイサ圧巻

箱根駅伝予選会

桜美林キサイサ圧巻 スポーツ

3年連続の個人トップ

10月31日号

ゼルビアの名と共に

ゼルビアの名と共に スポーツ

来季は名称、ロゴは現行のまま

10月24日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク