町田版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

町田駅前デッキが桜満開 初めてテント支柱も装飾

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
桜色にライトアップされたテントと桜柄の支柱(19日)
桜色にライトアップされたテントと桜柄の支柱(19日)

 町田駅前の商店会や大型店、自治会などで組織され、中心市街地の賑わいを創出する取組を行う町田市中心市街地活性化協議会(=中活協/大塚信彰会長)。中活協が3月19日、市によるカラーLEDライトアップに合わせて初めてJR町田駅北口ペデストリアンデッキのテント支柱を桜柄に装飾。町の玄関口に季節感あふれる演出を施した。

 これは市と中活協が2016年に策定した「町田市中心市街地まちづくり計画」に基づく取り組みの一つ。環境に配慮した明るい歩行空間の確保や賑わいづくりの一環としてぺデストリアンデッキの照明をカラーLEDにしてライトアップを開始。今の季節に合わせて桜色に点灯。それに合わせる形でデッキ上のテント支柱27本にも桜柄のシートを装飾した。シートの装着も初の試みとなった。

「玄関口」を明るく

 新型コロナウイルスの影響を受け、町田駅前の人の往来も従来より減少している。計画した当初は市内で行われる「桜まつり」のPRを兼ねたものだった。しかしまつりが中止となり、お花見などの外出も自粛を求められている状況に、せめて街中は明るくしたいという想いで装飾を続けることになった。

 また、年数を経てテント支柱の汚れが目立つようになり、カモフラージュする役目も。商店会や大型店からも町の玄関口をきれいにしたいという声も挙がっていた。

 中活協にぎわい部の部会長を務める立木(ついき)宏治さんは「見た目だけでも華やかにして、皆さんの落ち込んだ気分を少しでも解消できれば。また、将来的にも季節感のあるものやイベント等のPRなどに活かしていきたい」と話した。

 装飾は4月19日(日)まで続けられる。ライトアップの時間は午後5時30分から翌日午前6時まで。

3月26日プレオープン

愛犬を安心して預けられる場所です

https://www.allenatore.biz/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

高齢化進む団地に若い力

町田木曽住宅

高齢化進む団地に若い力 社会

桜美林大とJKKが連携

4月9日号

「こんにちは、ゼルビー」

FC町田ゼルビア

「こんにちは、ゼルビー」 社会

新生児へ贈り物

4月9日号

子年だけ逢える観音菩薩

河上山福寿院

子年だけ逢える観音菩薩 文化

33霊場で開帳 市内では唯一

4月2日号

待たれる新学期開始

市内小・中学校

待たれる新学期開始 教育

新型コロナで状況変更も

4月2日号

町田駅前デッキが桜満開

町田駅前デッキが桜満開 社会

初めてテント支柱も装飾

3月26日号

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク