町田版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

町田市立博物館より45 学芸員は鉛筆がお好き 学芸員 佐久間 かおる

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena

 タイトルどおり、学芸員はシャープペンシルやボールペンよりも鉛筆が好きです。あの六角形の各面に番号を書いて、試験の答えを当てていた懐かしい思い出もある鉛筆ですが、学芸員が全員そんな想い出で鉛筆を愛用しているわけではありません。ちゃんとした理由があって使っているのです。

 第一の理由は資料に傷をつけないためです。博物館には木、紙、布など様々な材質で出来た資料がたくさんあります。その資料を扱う際、学芸員は細心の注意を払います。メモを取る時も、シャープペンシルの折れた芯が飛んで資料を汚したり、ボールペンのインクの染みが資料についたりしないよう、鉛筆を使うのです。ただし鉛筆でも尖りすぎていると資料に傷をつける恐れがあるので、ほどよい尖り具合で使っています。

 また、鉛筆は水にも強い優れものです。以前、他館の水濡れの被害にあった紙資料を扱った時、資料に書かれていたボールペンの文字は水でにじんで読めなくなっていましたが、鉛筆の文字は問題なく読むことが出来ました。

 鉛筆の他にも資料を傷つける可能性のある指輪や腕時計などの装飾品は、必ず外して資料を扱います。爪も同じく資料を傷つけたり汚したりしないように短くし、マニキュアも剥がれて資料を汚さないように着けません。私がマニキュアを着けていたのははるか昔の学生時代だったでしょうか。

 鉛筆が万能というわけではありませんが、学芸員は出来る限りの方法で博物館資料を大切に扱う努力をしています。学芸員が鉛筆を使っている姿を見たら、資料のためなのだと温かい目で見守ってください。ちなみに筆者は4Bの鉛筆が好きです。
 

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の70

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の70

11月26日号

宮司の徒然 其の69

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の69

11月12日号

宮司の徒然 其の68

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の68

11月5日号

宮司の徒然 其の67

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の67

10月29日号

宮司の徒然 其の66

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の66

10月22日号

豊臣秀吉から堀秀政に送られた礼状

豊臣秀吉朱印状(天正13年〜17年)菊月(9月)5日

豊臣秀吉から堀秀政に送られた礼状

協力:泰巖美術館

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク