町田版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

市民団体りぼん ホームレス支援で発足 夜回りで声掛け活動

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
前回の夜回りの様子(提供)
前回の夜回りの様子(提供)

 生活困窮者支援りぼん(田中のり子代表)が2020年7月に立ち上がり、町田駅周辺でホームレス支援を始めた。団体のメンバーは新宿や池袋などの都心で路上生活支援の経験のある市民や路上生活について研究をする大学生らで構成。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに仕事を失い、生活に困窮する人々が増えつつある状況を受け、援助を必要とする人の声を必要なサービスにつないでいく。

 同団体のメンバー4人はボランティアの参加者とともに町田駅近くの公園のベンチや地下道にいる路上生活者に声をかけ、軽食を手渡して近況を訪ねて歩いた。また生活保護申請などの相談に手助けしている。

 初めて7月30日に実施した夜回りでは、声をかけた15人のうち10人が軽食を受け取った。このコロナ禍でイベントが中止になったため、警備の仕事がなくなり路上での生活を余儀なくされた人もいたという。

町田でSOS増加

 2017年から池袋の支援団体に所属している田中代表は路上生活者などの生活相談、炊き出し、夜回りなどの活動を行ってきた。団体を通じて町田での路上生活者の状況を知り、地元町田での活動を決めた。路上生活者の中には職を失った人だけでなく、LGBTの悩みにより家出した人、人間関係がうまくいかず集団生活ができない人などもいるという。夜回りは毎月第1・3木曜日の午後9時から実施。また、毎月最終土曜日の午後1時〜3時には、中町にあるカフェ「双方形」で生活相談を受け付けている。

 そこには「働けなくなり生活が不安」「生活保護についてよくわからないので詳しく知りたい」「役所の申請窓口に行ったが断られた」といった相談が寄せられており、田中代表は申請の手伝いや一緒に不動産屋を回るなど「できる限り希望が反映できるようお手伝いしていきたい」と話す。町田市外への自治体に繋ぐ相談も行っているという。

支援への協力求める

 同団体では現在、軽食の準備の手伝いや一緒に夜回りしてくれるボランティアを募集中。また個別包装された食材や歯ブラシ、マスク、かみそりなどの寄付も募っている。支援への協力、寄付についてなど詳細はメール【メール】ribon.sodan@gmail.comへ。

町田版のトップニュース最新6

ホームレス支援で発足

市民団体りぼん

ホームレス支援で発足 社会

夜回りで声掛け活動

9月17日号

架設工事いよいよ開始

(仮称)旭町陸橋

架設工事いよいよ開始 社会

再来年の本線開通見込む

9月17日号

スヌーピーで学ぶ英語

えいごのまちだ

スヌーピーで学ぶ英語 教育

ミュージアム初の校外学習

9月10日号

地域の後押しで快勝

FC町田ゼルビア

地域の後押しで快勝 スポーツ

マルイに応援ブース登場

9月10日号

お取り寄せサイトにも参入

町田市名産品

お取り寄せサイトにも参入 社会

39事業所75品目を新たに認定

9月3日号

自分たちで認知症を啓発

木曽地域

自分たちで認知症を啓発 社会

町中をオレンジ色に

9月3日号

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク