町田版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

町田商工会議所 新型コロナの影響大 アンケート結果を発表

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 町田商工会議所(深澤勝会頭)が「新型コロナウイルス感染症による経営影響調査」の緊急アンケートを行い、このほど集計結果を会報誌で発表。アンケート結果からは同感染症の影響により市内の事業者等の経営の悪化状況が鮮明になった。配布数は4200通。FAXまたは持参による回収で、回答数は436通(回収率は10・4%)。

 アンケートは会員事業所に向けて6月10日から取り始め、9月30日付けでまとめた。

 新型コロナの影響により経営状態が悪化したかの質問には、366社(84%)が「悪化した」と回答し、「悪化しなかった」と答えたのは70社(16%)にとどまった。また、「悪化した」と回答した366社に原因を聞くと「売上高の減少」が89%と一番多く、次いで「営業日の減少」35%、「 営業時間の短縮」28%と続く。

悪化1位は飲食業

 「経営状態が悪化した」と回答した業種別の割合では、飲食業が95%(60社中57社)と最も高く、2位が理美容業の92%(25社中23社)、3位が建築業、4位が製造業、5位は小売業となった。悪化に伴って利用(予定を含む)した制度や施策に関しては持続化給付金がトップの242件、市の中小企業者家賃補助事業と金融機関の融資制度が約120件。

 一方、悪化に対する深刻度の質問には「当面の間は事業継続に問題ない」が227件(62%)と半数以上を占めたが、「現状が続けば、廃業を考えざるを得ない」131件(36%)、「すでに廃業を検討中である」8件(2%)と深刻な回答も寄せられた。

 同会議所企業支援部の関俊雄副部長は「団地商店街を顕著に業種や地域を問わず、廃業の報告が増加。そんな中、若い母親が利用する”ママ友カフェ”など、コロナ禍でも創意工夫をされていることで好調な事例も報告されている」と話す。

商議所もサポート

 中小企業、小規模事業者に対し、国や東京都、市ではさまざまな支援策を講じているが、「手続きが複雑すぎる」「パソコンが使えない」などの理由で利用していない例も多いという。

 同会議所では経営相談窓口を設置し、会員を対象に「持続化給付金」「家賃支援給付金」の申請手続きについてサポートしている。また、国の補助金を使った事業として「WEBセミナー」を今年の夏にスタート。市内の事業所は無料で利用することができ、新型コロナで影響を受けた事業者に向けての支援策、資金繰り術などといった講座を公開中だ。

 詳細・問い合わせは同会議所【電話】042・724・6614まで。

個別相談も行っている
個別相談も行っている

町田版のトップニュース最新6

暴力追放活動に栄誉金章

暴排協大滝会長

暴力追放活動に栄誉金章 社会

東京都内で唯一受章

12月3日号

5年越しの想い実る

常盤町齋藤さん

5年越しの想い実る 社会

里芋栽培の常識を覆す

12月3日号

新ロゴマークが誕生

木曽地区協議会

新ロゴマークが誕生 社会

テーマは結束と団結

11月26日号

パラバドミントンを体験

小山田南小学校

パラバドミントンを体験 スポーツ

4年生93人が参加

11月26日号

東京都功労者表彰を受賞

町田市バレーボール連盟

東京都功労者表彰を受賞 文化

陸協に次いで2番目

11月19日号

市内149カ所に寄付

南町田教会

市内149カ所に寄付 社会

米や野菜 農家救済も兼ね

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク