町田版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

【Web限定記事】町田警察署交通課が注意喚起 緊急事態宣言下には交通死亡事故が増加

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
2020年の緊急事態宣言時に出された警視庁のチラシ
2020年の緊急事態宣言時に出された警視庁のチラシ

 政府による緊急事態宣言が1月8日に発令され、市内でも不要不急の外出自粛や飲食店等の時短営業などが行われる。警視庁町田警察署によると、昨年の緊急事態宣言下(2020年4月7日から5月25日までの間)による都内の交通死亡事故の被害者(第1当事者)は自転車3人、歩行者5人だった。これは交通量の減少が自転車・歩行者の交通違反を誘発したと考えられるという。

 緊急事態宣言が発令された現在、道路交通環境は昨年同様となることが想定される。死亡事故を減少させるためには、【1】交通閑散による車両速度の上昇と運転手の注意力の低下、【2】自転車や歩行者による信号無視などの交通違反の増加、に対する対策が求められる。

3つのアクション

 警視庁では「横断 SAFETY ACTION」という、歩行者が道路を横断するときに事故に遭わないための3つの簡単で効果的な行動を推進している。「顔を車両の方向に向ける」「手を出して車両に合図する」「安全な場所で足を一歩踏み出す」というもので、信号を守る、右・左の安全確認をするといった基本的なルールを守ったうえで、この3つのアクションを起こし、ドライバーに「道路を渡りたい」という気持ちを伝えることが大事だと啓発する。

 また運転手に対しては、信号無視の歩行者がいるかも、横断歩道じゃなくても横断する人がいるかも、路上に寝転んでいる人がいるかも、という想定をしながら安全運転を心がけるよう注意喚起。町田署交通課安全教育係の竹原警部補は「地域の皆さんを守るために広く知らせていきたい」としている。

町田版のローカルニュース最新6

独留学の腕前披露

独留学の腕前披露 文化

初のソロリサイタル

1月21日号

駅前を華やかに

ペデストリアンデッキに装飾

駅前を華やかに 文化

1月21日号

吹奏楽部の熱い思いを募集

地元音響機器メーカー

吹奏楽部の熱い思いを募集 文化

オンライン配信をサポート

1月21日号

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定

【Web限定記事】2021シーズン

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定 スポーツ

1月21日号

「心の強い子に育てる」オンラインセミナーを開催

国際版画美術館で20年度の新収蔵作品展

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク