町田版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

市内在住小林愛三選手 立ち技格闘技王座に就く 悔しさバネにリベンジ成功

スポーツ

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
「ベルトは重いです」と小林選手(撮影:安村発)
「ベルトは重いです」と小林選手(撮影:安村発)

 立ち技格闘技の大会「RISE(ライズ)148」が4月17日に後楽園ホールで行われ、市内出身・在住の小林愛三(まなぞう)選手(本名・愛実/NEXTLEVEL渋谷)がRISE QUEENフライ級(女子・52kg以下)タイトルマッチに参戦。昨年末に敗れた相手を倒し、正規王者に輝いた。

 小林選手は2020年12月に行われた同大会の王座決定戦で対戦相手の負傷欠場により暫定王者となった。その日、代わりに戦ったのが、今回対戦した田渕涼香選手だった。勢いのある若手の空手家。暫定王者として迎え撃つも、ダウンを奪われ、その後ポイントを得られず判定負けに。「年末年始は今までの格闘技人生の中で一番へこみました」と振り返る。

 しかし今年3月に田渕選手と再戦することが決まり「やはり今までで一番燃えました」。両親からもらった言葉「熱い気持ち、冷静な頭、感謝の心、女は度胸」をテーマに掲げ、トレーニングに励んだ。今まではただがむしゃらに目の前の相手にぶつかり、力業で勝ってきたが「それではダメなんだと思い知らされた、意味のある敗戦にしないと」。セコンドの声をちゃんと聞き、戦術もしっかり頭に叩き込む。家族や先輩、後輩、トレーナーの献身的なサポートを受け、体重も気持ちもコントロールできた。「心と体を一致させられたことが今回の勝因です」と笑顔で語る。

世界に通用する選手に

 絶対にやりたかったというリング上からの勝者マイクパフォーマンスでは支えてくれた人たちに感謝を述べ「世界に通用する選手になります。もっとアグレッシブな愛三を見たいと言ってもらえるようになるのでこれからも応援お願いします」と涙ながらに宣言した。小林選手が幼稚園の頃から高校卒業まで髪を切りに通ったという美容室アイリーブルー(小川)の吉川教一さんも小林さんを応援する一人。今回の勝利に「あんなに泣いた愛三ちゃんを見たのは初めて。本当に苦しかったんだと思います」と話し「これからも世界の愛三として頑張ってほしい。影なら応援させてもらうからね」とエールを送った。
 

町田版のトップニュース最新6

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

東京五輪代表に内定

女子体操畠田瞳さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

大舞台での活躍誓う

5月27日号

受賞レシピを給食に

食育推進

受賞レシピを給食に 社会

真光寺中の田嶋さん考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

両手いっぱい紅花摘んで

両手いっぱい紅花摘んで

大賀藕絲館で直売会

6月11日~6月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter