町田版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

東京五輪聖火リレー 思いつなぐトーチキス 東京初日を町田シバヒロで

スポーツ

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena
アンカーを務めたのは鹿沼由理恵さん(左)
アンカーを務めたのは鹿沼由理恵さん(左)

 新型コロナウイルスのまん延対策のため公道走行が中止された東京五輪聖火リレーの代替措置として、町田シバヒロ(中町)で7月9日、走行予定者が出席し、点火セレモニーが催された。イベントは関係者のみの無観客開催だったが、ランナーたちはトーチを重ねて聖火をつなぐトーチキスで互いにポーズを決め、会場はたくさんの笑顔であふれていた。

 2020年開催の当初予定から1年延長し、出走目前に公道走行の中止が発表された都内(島しょ部を除く)の聖火リレー。その代替イベントとして、走行予定者がセレブレーション会場で聖火をつなぐ点火セレモニーが企画された。

 都内での聖火リレー初日となる9日は世田谷区、狛江市、稲城市、町田市の区間を走行予定だった約100人が参加。区間ごとに時間を区切り、それぞれトーチキスをつなぐと、2人1組で思い思いにポーズを披露する形で進行した。

 町田市区間のランナー32人をつないだ聖火を受け取り、イベントの最後を飾る聖火皿への点火は、市内出身・在住で、リオデジャネイロパラリンピック自転車競技の銀メダリスト・鹿沼由理恵さんが務めた。鹿沼さんがトーチを聖火皿に向け、静かに火がともされると会場からは拍手が沸き起こった。鹿沼さんは「リオで自分が頑張れた聖火と同じ聖火がこの東京にやってきたことに改めて感動しました。このともしびが皆さんの応援の力、選手の力になるものと思っています」と感想を述べた。

 トーチキスを見守った石阪丈一町田市長は「3月に福島を出発し、全国46道府県をつなぎ、東京にやってた聖火。残念ながら公道でのリレーはできませんでしたが今日は参加した33人の皆さんの笑顔が見れました。これが聖火リレーの力です。大会は無観客開催となってしまいましたが、みんなでテレビで応援しましょう」と話し、イベント開催に尽力した関係者や1200人以上のボランティアに向けて感謝を伝えた。

青山学院大の原晋監督も参加
青山学院大の原晋監督も参加

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook