町田版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

和光大学教授でインドネシアを広める活動に力を入れる バンバン ルディアントさん 川崎市在住 54歳 

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena

インドネシアとの懸け橋に

 ○…日本に暮らして30年以上。流ちょうな日本語を話し、インドネシアのことを多くの人に知らせるための活動を精力的に行う。町田市とはホストタウンの関係にある同国。8月24日(火)に和光大学ポプリホール鶴川で行われる催しに解説者として参加する。「多民族国家で多様性のある国。人々はとても友好的です」。インドネシアで使われる貨幣や洋服、食文化、観光地などを教えたいと楽しみにしている。

 ○…インドネシアの首都ジャカルタのあるジャワ島生まれのジャワ人。「五人兄弟の長男として両親の期待を背負い、周囲にサトウキビ畑のある広々とした環境でのびのびと育ちました」。高校卒業後に政府の支援を受けて日本の大学へ。大学院を卒業し一度帰国するが、2年後に再来日して今に至る。大学ではITビジネス等を指導する。

 ○…すし、うなぎ、そばなど和食は何でも好き。「同郷の妻も日本食を作ることの方が多いですね」。東南アジアの伝統武術シラットにも精通し、広めるために尽力する。年に数回は小学校を訪ねて母国の米作りについて講義。「機械化せずすべて人の手で、800年前から同じ作業を続けています」。効率化よりも働き手を優先するという国の事情のためだ。

 ○…インドネシアでは日本の歌も人気で、五輪真弓の「心の友」をカバーした歌手の動画は700万回以上再生されている。「歌詞はわからないんですが、メロディーが琴線に触れるんです」。教壇で生徒たちに「動画を配信するならバラードを歌えば再生回数が伸びる」と冗談交じりに話す。起業して母国の経済発展に貢献したいという内に秘めた思いがある。将来は「夏は気候のいいインドネシア、冬は日本で生活するのが夢」と笑顔で締めくくった。

町田版の人物風土記最新6

鈴木 螢梢(けいしょう)さん

町田華道協会の会長に就任した

鈴木 螢梢(けいしょう)さん

横浜市在住 77歳

5月19日号

野村 卓也さん

「まちだ感謝祭」を企画し、FC町田ゼルビアで地域振興課長を務める

野村 卓也さん

南つくし野出身 34歳

5月12日号

中里 真二さん

町田地区保護司会の会長を務める

中里 真二さん

森野在住 74歳

5月5日号

浦川 ヒサ子さん

カワセミの写真展を町田市フォトサロンで開く

浦川 ヒサ子さん

金井ヶ丘市在住 77歳

4月28日号

甲斐 修侍さん

フットサルチーム「ASVペスカドーラ町田」の監督に就任した

甲斐 修侍さん

成瀬在住 49歳

4月21日号

戸塚 正人さん

町田市議会の第39代議長に就任した

戸塚 正人さん

金森在住 41歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook