町田版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

初となるアガサ・クリスティの法廷劇に一人芝居で挑む ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美) 能ケ谷在住 

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

人生は舞台。人は大根役者

 ○…”世界一小さなシェイクスピア劇場”を主宰する姉の渡邉優子さんのもとで、原作を脚色し舞台を演出して主演を務める。名前につけたホースボーンには演出家として駆け出しのころに「どこの馬の骨ともわからない」という自虐の意味を込めた。今回、初の公演となる英国ミステリーの女王アガサ・クリスティの法廷劇に思い切って一人芝居で挑む。

 ○…東京・恵比寿に生まれ、姉と一緒に「ごっこ遊び」に明け暮れ、漫画家を夢見る少女は小学生のときに見た宝塚に憧れた。「背が高かったので中・高校の演劇部では男役を買って出た」。劇団四季の観劇がきっかけである俳優に夢中に。高校卒業後に同劇団の研究所に入り、一緒の舞台に立つ目標も叶えた。劇団で3年を過ごした後はダンスの道へ。ニューヨークへも行き、所属した集団では「バックダンサーとして聖子ちゃんやトシちゃんの後ろで踊っていました」と懐かしむ。

 ○…26歳で結婚し、2人の子を育てていた期間は母親業に専念。子どもの手が離れたころ、姉の誘いでロンドンを旅してロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの公演を見て心に火が付いた。「本場の『マクベス』に衝撃を受け、本当にやりたかったことがわかったんです」。シェイクスピア専門の劇場を開いた。

 ○…マクベスの名言「人生は舞台。人はみな大根役者」を地で行く。行動力の塊のような性格で人生を切り開いてきた。2年前から現在の場所に拠点を移し、定期的に公演を行う。「思えば高校生のとき、現代を舞台にしたマクベスの脚本を書き、演じたことが原点かも」。大きな舞台に立ちたいとは思わない。「昔のアングラみたいに、小さくてもどこよりも面白いシェイクスピアを演じていきたい」

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

須貝(すがい) 麻優子さん

グリーンヨガフェスタ町田実行委員会で実行委員長を務める

須貝(すがい) 麻優子さん

広袴在住 51歳

10月21日号

吉田 知成(ともしげ)さん

先月、町田警察署長に着任した

吉田 知成(ともしげ)さん

旭町在住 55歳

10月14日号

村上 輝(ひかる)さん

第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の砲丸投げで準優勝した

村上 輝(ひかる)さん

小野路町在住 25歳

10月7日号

樋口 堅さん

2022シーズンからFC町田ゼルビアのトップチームへ昇格する

樋口 堅さん

相模原市在住 18歳 

9月30日号

宮澤 雅文さん

町田市民文学館の「のりものえほん展」にあるジオラマを製作した

宮澤 雅文さん

相模原市在住 61歳

9月16日号

鈴木 忠さん

第11代町田市社会福祉協議会会長に就任した

鈴木 忠さん

鶴間在住 76歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook