町田版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

「二十祭まちだ2022」の実行委員長を務める 石橋 光穂(みつほ)さん 小山町出身 20歳

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena

集える「当たり前」を喜んで

 ○…「町田が好き。何かを企画したり、運営したりすることも好き」。高校時代には市に若者の意見を伝えることを目的とした「町田創造プロジェクト」に参加。市長と対談したり、職員とも顔なじみに。昨年、市役所から届いた実行委員会参加の呼びかけに、迷うことなく応募した。今年の実行委員は19人。緊急事態宣言が明けてようやく顔を合わせることができた。掲げたスローガンは「雨過天晴」。事態は好転していく。集まることができる状況を、同世代みんなで喜びたい。

 ○…オンラインの実施になっても楽しめるよう動画上映をメインに。作ったのは「成人式のハガキが届くところから始まる、同級生たちの思いを描いたショートドラマ」。大学生、専門学生、社会人もいる実行委員それぞれの得意分野を活かし、脚本、演技、撮影も自分たちで行った。「コロナ禍で大学に通えなかったり、引っ越した場所から戻って来れなかったり、色々な立場や思いがあると思います。集まった場で、自分たちのリアルを共感してもらい、一つになれたら」

 ○…小山田中では吹奏楽部でフルートを担当。音楽はずっと好きで、今でもバンドでギターを弾き、歌う。バンド仲間は子どもセンターで出会った。「試験勉強のために通った『まあち』にスタジオがあって、そこでギターを始めました」とにっこり。芹ヶ谷冒険遊び場のステージに立ち、アニソンやジブリメドレーで子どもたちを沸かしたこともあるとか。

 ○…現在は看護の専門学校に通う毎日。「音楽の道に進むことも考えましたが、資格を取りたくて。コロナ禍でできなかった実習もようやく始まった。大変だけど嬉しい」と目を輝かす。人と会える喜び、集う楽しさを人一倍感じている。

町田版の人物風土記最新6

岩城 直也さん

NYを拠点に日米で活躍する作・編曲家、演奏家で府中市でコンサートを行う

岩城 直也さん

町田市在住 28歳

8月11日号

太田 宏介さん

地元出身で、先月FC町田ゼルビアに入団した

太田 宏介さん

小川出身 35歳

8月4日号

竹中 清史さん

生涯学習センターの夏の平和イベントで原爆被爆体験を語る

竹中 清史さん

金井在住 83歳

7月28日号

高橋 瑞樹さん

米国バックネル大学准教授で、母校・町田高校で講義した

高橋 瑞樹さん

市内出身 49歳

7月21日号

高橋 清人さん

5月22日付で町田市町内会・自治会連合会の会長に就いた

高橋 清人さん

図師町在住 78歳

7月7日号

梅木 和江さん

「茶器袋物師」として活躍する

梅木 和江さん

金井ヶ丘在住 71歳

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook