町田版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

玉川大学 脳科学研究、拠点整備 医療とは別の視点で

教育

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
内覧会が行われた新施設「HBSH」
内覧会が行われた新施設「HBSH」

 玉川大学が1月20日、新施設の竣功を記念し、内覧会と記念講演会を行った。学内に分散していた脳科学研究施設を統合し、「Human Brain Science Hall(以下、HBSH)」と命名。新たな脳科学研究の拠点として知識やデータを集約し、多角的に分析することで、医療とは異なる「心の科学」と教育を行う次世代研究者の育成を目指す。

 同大の脳科学研究所は、「こころ」の働きの基盤となる感覚認知や行動、喜怒哀楽の感情をコントロールする意志などについて、脳がどのように活動しているかなどを研究している。また、心理学や乳幼児の言語発達や認知機能の研究、人間の知能の一部をロボットに実現させる研究など、医療ではなく、人文や社会科学などの視点から脳科学を考えることで、新しい心の科学の創造を目指している。

 竣功した新施設では、研究専用のMRIを有し、脳波や心電図、筋電図などが測定できる生理実験計測室、10の個室ブースを設けた社会心理実験室など、特殊で専門的な施設となっている。施設内で研究者同士の交流を促進し、学内外の研究交流拠点としての活用が期待される。また、コロナ下にできた施設として、感染対策にも注力。エントランスに手洗い器を設置したり、光触媒除菌器も導入している。

 脳科学研究所の坂上雅道所長は「脳波などを計測したデータを1カ所に集約して、多面的に心と行動を観察できるのはメリット。珍しい施設となるはず」と話している。

研究用MRIの説明を受ける見学者
研究用MRIの説明を受ける見学者

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook