町田版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

小山のホタルと自然を守る会で事務局長を務める 畠山 光則さん 小山町在住 72歳

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena

地域の誇りを守りぬく

 ○…住宅の近隣にある貴重な谷戸緑地。町内会の仲間同士で「ホタルを守ろう」と小山のホタルと自然を守る会を立ち上げたメンバーの一人だ。「公園緑地課の職員さんにも参加してもらってね」。10種類ほど自生している桜のなかに絶滅危惧種のホシザクラを発見したのは2004年のこと。それ以降、会では分布図を作り、色分けをして記録をつけている。親木から派生したものや、日当たりの良い場所に移植したものを合わせて約50本。「新種だと聞いてビックリした。職場の仲間を順番に連れて見せたりして」と懐かしむ。

 ○…千葉県出身。大学進学で上京し、就職に合わせて町田に来て50年。就職先の町田市役所では、当時の大下勝正市長のもと、福祉関連の仕事に尽力。中でも障がい者福祉センターひかり療育園は立ち上げにも携わり、思いが深い。「当時は障がい者への対応が今とは違っていたから。家に匿われたりして。みんな救おうと頑張ったよ」

 ○…山が好き、自然が好き。野鳥も好きで日本野鳥の会の会員にもなっている。「特にルリビタキかな。きれいな青色でかわいらしくて」と頬をほころばす。定年後の今は、料理教室に通い、仲間との2泊3日の千葉合宿で腕をふるうのが楽しみ。本格的な蕎麦打ちを極め、「ご馳走して喜ばれるのが嬉しい」とか。

 ○…高齢化が進む同会。「会長は知識が豊富。調べものも率先してやってくれるので、体を使う場面は自分が動いてサポートする」と話す。若い会員も所属するが、仕事などでなかなか活動に参加できない人が多いのが悩み。「仕事を終えた60代の元気高齢者に参加してもらいたいね」。ホシザクラの次は、ホタルの季節がやってくる。「貴重な自然は自分たちで守っていかなくちゃ」

町田版の人物風土記最新6

中田 雅子さん

詩人で、詩集「沙羅によせて」を上梓した

中田 雅子さん

南つくし野在住 86歳

6月23日号

由井友二(よしいともじ)さん

シベリヤ抑留の体験談をまとめた著書を上梓した

由井友二(よしいともじ)さん

鶴川在住 99歳

6月16日号

菅原 信明さん

小山のホタルと自然を守る会の会長で、片所谷戸の整備を続ける

菅原 信明さん

小山町在住 85歳

6月9日号

山野 達也さん

ペスカドーラ町田の職員で遊びの広場を企画した

山野 達也さん

大蔵町在住 35歳

6月2日号

大石 正巳さん

市内にアトリエ兼絵画教室を構える画家で、今月町田パリオで個展を開く

大石 正巳さん

森野在勤 84歳

5月26日号

鈴木 螢梢(けいしょう)さん

町田華道協会の会長に就任した

鈴木 螢梢(けいしょう)さん

横浜市在住 77歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook