町田版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

町田商工会議所 デジタル初心者支援で表彰 マンツーマンの手厚さ評価

社会

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena
専門家(右)からデジタルのスタンプカードについて学ぶ事業者(左)=町田商工会議所提供
専門家(右)からデジタルのスタンプカードについて学ぶ事業者(左)=町田商工会議所提供

 町田商工会議所が昨年度実施したデジタル化支援活動において、日本商工会議所から表彰を受け先月、賞状が届いた。デジタル全般に苦手意識のある小規模事業者に対し、専門家によるマンツーマン指導を導入した手厚さが評価された。今後も市内事業者に向けて、支援の展開が検討されており、期待が寄せられている。

 表彰されたのは昨年8月に実施した「デジタルマンツーマン支援事業」。パソコンやスマホ操作が苦手な「デジタル初心者」を対象とし、目的にあった講師や専門家を同所が紹介。支援を受ける事業者が自らのパソコンやスマホを持ち込み、納得のいくまで質問できる無料講座を最大5回まで受けられるというもの。会報の折り込みやチラシなどあえてアナログツールで参加者を募集し、昨年末までに25社、延べ83回の支援を実施している。

 主な受講者は50代から60代で、飲食店や美容師など、サービス業を営む事業者が多く参加。「宣伝にSNSを活用したい」「ネットショップを開きたい」などの目標を掲げて液晶画面と向き合ったという。同所の担当者は「システムへの登録やインターネットサービスの無料で利用できる範囲の確認など、不安な部分を一つひとつ確認し、その人のペースで進めてもらいました」と話す。また、今後の支援につなげるため、同所の経営指導員も講座に同席し、専門家のノウハウの吸収に努めた。

 受講者は、ハガキのダイレクトメールに代わりSNSアプリ「LINE」を利用し経費を削減したり、インターネットの地図上に店舗情報を表示して新規顧客の開拓をしたりと支援を生かしデジタル化に挑戦。成功事例も出ているという。

想像以上の遅れに危機感

 同所はこれまでもデジタル化支援を行ってきたが、コロナ下となった2020年夏ごろから相談件数が増え始めた。電子メールの設定方法やメールとLINE、SNSの違いなど初歩的な質問が多く寄せられた。中には同所スタッフに自身のスマートフォンごと渡そうとする事業者もおり、担当者は想像以上のデジタル化の遅れに危機感を抱いたという。

 「ネット環境構築のための契約や設定の段階でつまずいている事業者も少なくない。今後、補助金や助成金の申請がオンラインに切り替わることも増えていく。少しずつでも苦手意識の克服につながれば」と担当者。

町田版のトップニュース最新6

若者へ投票呼びかけ

町田市と相模原市

若者へ投票呼びかけ 社会

両サッカーチームも協力

6月30日号

水上競技 サップで世界へ

市内出身奥秋さん

水上競技 サップで世界へ スポーツ

全国大会で初 3種目制覇

6月30日号

7月より行政回収開始

小型充電式電池など

7月より行政回収開始 社会

ごみ処理施設の火災受け

6月23日号

男女平等の新プラン策定

町田市

男女平等の新プラン策定 社会

SDGs推進等新たな視点も

6月23日号

市内子ども食堂を一目で

サルビアRC

市内子ども食堂を一目で 社会

35周年事業でマップ作成

6月16日号

中1生3人、吟詠コン入賞

町田市吟詠連盟所属

中1生3人、吟詠コン入賞 文化

2人は東日本地区大会へ

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook