町田版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

伝統工芸西陣織で若冲の絵を再現 6月29日から 国際版画美術館

文化

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
群鶏図(ぐんけいず)
群鶏図(ぐんけいず)

 日本を代表する絵師と世界に誇る伝統美の見事な調和――。江戸時代中期に活躍した天才画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716〜1800)の作品を京都の伝統工芸・西陣織で表現した「西陣美術織 伊藤若冲展」が6月29日(水)から7月3日(日)まで、市立国際版画美術館で開かれる。午前10時〜午後5時。最終日は4時まで。入場無料。主催は西陣美術織若冲全国巡回展実行委員会(京都市)。

 色彩の鮮やかさと豪華絢爛(けんらん)な意匠が特徴の西陣織。その魅力を広め、伝統技術の継承と後継者の育成につなげようと西陣織業界が仏像や絵画、風景などを織物で表現する工芸分野「西陣美術織」を開発。2016年からは若冲の作品を再現し、これまでに全国約100カ所で巡回展を開催している。

 期間中は、西陣織の職人が髪の毛の半分ほどの絹糸を使用し、精密な技術で織りあげて若冲作品を再現した約50点を展示。スタッフが拡大鏡で、その細かさを披露する。「近年多くの人に愛され、日本美術の中で輝きを増す若冲の生涯と画業に迫ります。西陣美術織の技術で見事に復元された作品を、ぜひ多くの人にご覧頂きたいです」

 問い合わせは同実行委員会【電話】075・548・7505へ。

町田版のローカルニュース最新6

「困窮者支援に役立てたい」

「困窮者支援に役立てたい」 社会

スーパーが市社協に寄付金贈呈

6月30日号

町田JCウクライナへ救援金

町田JCウクライナへ救援金 社会

50万円を市通じ赤十字へ

6月30日号

「文化こそ心の養生」

市文協

「文化こそ心の養生」 文化

落語文化に親しむ

6月30日号

下敷き配り、夢与え

下敷き配り、夢与え スポーツ

ゼルビア選手が小学校を訪問

6月30日号

慰霊の日、沖縄へ寄付

慰霊の日、沖縄へ寄付 社会

物産展「沖縄宝島」

6月30日号

生け花の祭典、3年ぶり

生け花の祭典、3年ぶり 文化

約1100人が花と語らう

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook