町田版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

町田天満宮 宮司 池田泉 宮司の徒然 其の107

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
サワフタギとシロシタホタルガの幼虫
サワフタギとシロシタホタルガの幼虫

守る強さ

 野山の散策はコロナ禍だろうが関係なし。いつも一人だし、ほとんど人に会うこともないから。そもそも賑やかな場所が苦手。しかも藪が好き。ノイバラやモミジイチゴなどが繁ってくると、どこそこ傷だらけになるが、立ち止まるとやぶ蚊のエサになってしまうのでなるべく止まれない。そして擦り傷が増えてゆく。

 しばしば出掛ける小山田の谷戸でサワフタギの花を見つけた。そしてしげしげと見まわしたら、やはりシロシタホタルガの幼虫がお食事中。蝶や蛾の幼虫の模様は、幾何学的または芸術的に感じられるほど美しかったりコミカルだったりするが、これはその典型ではないだろうか。好む食草はサワフタギやクロミノニシゴリで、あえて他の幼虫と競合しない食草を選んでいるように思える。幼虫が葉を食べる様子はいつまで見ていても飽きない。もりもり食べて立派な成虫になりなさい。同族のホタルガの幼虫は境内のヒサカキによく見られ、うっかり触ってしまうと2日間ほど痛痒いから、一応こいつも触らずに写真だけにした。後日調べてみたところ、やはり危害を加えると皮膚に炎症を起こす毒の粘液を出すらしい。我が身を守るために毒液を出すプロセスだって、幼虫にとっては怖くて必死でリスクも大きいに違いない。

 ウクライナを虫けらのようにひねりつぶそうとしたロシア。思わぬ反撃を食らっている。強い愛国心が成せる力を甘くみてはいけない。どんな結果で終わろうとも、残念ながらロシアの未来は暗い。経済で優位に立とうが、世界中の多くの人々から残念な国と思われてしまった。本当に残念だ。危害を加えなければ穏やかにつきあえたものを。

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の107

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の107

6月23日号

雨でも楽しく

織田信忠書状

雨でも楽しく

泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

6月2日号

宮司の徒然 其の106

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の106

5月26日号

宮司の徒然 其の105

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の105

5月19日号

町田市の鳥、ご存じですか?

土佐光起・光成 鶉・翡翠図(部分)

町田市の鳥、ご存じですか?

泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

5月12日号

宮司の徒然 其の104

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の104

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook