神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

名物商店街 今月、代替わり 町田仲見世 歴史引き継ぎ

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
会長を務めてきた石井さん(右)と国ひこさん
会長を務めてきた石井さん(右)と国ひこさん

 町田市を代表する商店街の1つである町田仲見世商店街(原町田)の会長が今月、引き継がれた。補助金を活用し、防犯カメラやクーラーを導入するなど、商店街を盛り上げてきた83歳の石井道子さんから、40代の鈴木志歩さんに代替わりした。

 仲見世は市内でも有数の老舗商店街。およそ40店舗で構成され、現在は町田の観光名所の1つにも数えられる。石井さんは1991年から、夫である国ひこさんと共に商店街の市川豆腐店を切り盛りし、八百屋や魚屋などが立ち並び、商品を求める人であふれかえっていた頃から、飲食店が増えてきた現在までの移り変わりを見てきた。

 会長を任されたのは10年以上前。元々、自身の子どもが通う学校のPTA会長を務めるなど、責任感の強い石井さんは常に「より良くしよう」と考え、商店街の改善に取り組んできた。

 そのための手段の1つが東京都などからの補助金の活用。提出書類の多さなどから活用を断念する商店街が少なくないなか、仲見世の店主らの合意を得ると外部との交渉、書類作成にあたり、防犯カメラやクーラーなどの導入に至ったという。

 「みなさんにいろいろ教えてもらってきたおけげ。書類作成などは得意なんですよ」と微笑む石井さん。その取り組みを支援し続けてきた国ひこさんは石井さんについて、「PTAの会長などの経験があったからね。がんばってきたと思う」とたたえる。

「彼女なら」

 そんな石井さんから今月、重責を引き継いだのが大判焼きなどを販売する「マルヤ製菓」の鈴木さん。補助金の申請時などに協力してくれてきたといい、石井さんは「彼女なら大丈夫」と考えたという。

 鈴木さんは「石井さんは商店街のために苦労されてきた。助けになるのであればと受けた。私は仲見世を取りまとめるというよりも、ごみの問題など、裏方として盛り上げていければと思う」と話している。

観光名所の1つに数えられている商店街
観光名所の1つに数えられている商店街

町田版のトップニュース最新6

市内地名の由来、残す 

市内地名の由来、残す 

地方史研究会 冊子を発行 

5月23日

自宅電球で高齢者見守り

自宅電球で高齢者見守り

市 「人の手介さず」確立へ

5月23日

「つながる成瀬」街元気に

「つながる成瀬」街元気に

団地発信 3年で活気向上

5月16日

老化街路樹 新たな資源に

老化街路樹 新たな資源に

市 民間企業と取り組み

5月16日

「クマ痕跡」ウエブ上に

東京都

「クマ痕跡」ウエブ上に

昨年、目撃増加 対策強化

5月9日

多摩地域盛り上げ「宣言」

ゼルビアら東京3クラブ

多摩地域盛り上げ「宣言」

今季、J1で顔そろえ

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook