神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

宮司の徒然 其の142町田天満宮 宮司 池田泉

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
モクセイ
モクセイ

反省と楽しみ

 今年は秋口に楽しみがある。それは私の情けないおごりで生まれた楽しみだ。

 其の134で、国内のモクセイが雄株しかないから種ができないと定説を語ったところ、読者さんからお手紙をいただいた。「庭にあるモクセイの大木には毎年種ができます」と。私はすぐにでも見に行きたかったが、花も種もない時期に行くよりも、まずその木の花を愛でて、種ができる頃にも行きたいと考えた。だから今年は晩夏から秋にかけての時期が待ち遠しい。優しい読者さんは写真も送ってくださったから疑う余地もない。定説に甘んじてはいけない。流されてはいけない。言うなれば覆すものなのかもしれない。大いに反省した。

 それにしても、いつ頃雌株は来日したのだろう。鳥の仕業だとしたら調べようもない。もともといなかった動植物が日本に入るのは、ほとんど人間が関わっている。食用に持ち込んだブラックバスやヌートリア。最近では、コンテナにセアカゴケグモやヒアリ。その点、モクセイの雌株なら大歓迎だ。雄株たちも開花して花粉を作る意味があるというものだ。人間が香りを楽しんだり、石鹼や芳香剤の材料にされるのは、モクセイにとっては想定外。自慢の香りに誘われた虫たちがやってきて、蜜を吸うついでに花粉をまとい、雌株の花へと運んでくれたなら、まさに大願成就。

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の142町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の141

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の141

5月2日

宮司の徒然 其の140

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の140

4月25日

宮司の徒然 其の139

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の139

3月7日

宮司の徒然 其の138

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の138

2月22日

寒い冬は身体を芯から温めるドイツ風ポトフで決まり!

クロイツェル店主が教える簡単レシピ【1】

寒い冬は身体を芯から温めるドイツ風ポトフで決まり!

2月15日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook