八王子版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

世界陸上「8位入賞目指す」 東中野の右代さん 「十種」で

スポーツ

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena

 東中野在住の右代(うしろ)啓祐さん(30・スズキ浜松アスリートクラブ)が8月4日、英・ロンドンで開幕する世界陸上競技選手権大会の十種競技に日本代表として出場する。同競技の日本記録(8308点)保持者である右代さん。4度目の出場となる「世界陸上」で念願の8位入賞を目指す。

 十種競技は「走る」(100m・400m・110mH・1500m)「飛ぶ」(走幅跳・走高跳・棒高跳)「投げる」(砲丸投・円盤投・やり投)の10種目を2日間で行い、各競技成績に応じた得点の合計点の高さを競う種目。右代さんは陸上日本選手権の同種目6連覇を始め、14年に日本記録をマークするなど、日本「十種」の第一人者として活躍してきた。

 ただ過去3回出場した「世界陸上」などの国際大会では、十分に力を発揮できずにいる。いずれも、8308点の自己記録に及ばない7千点台で20位前後の順位にとどまっているのだ。その要因のひとつを「海外での試合経験の少なさ」と考えた右代さんは15年に海外の雰囲気に慣れる目的などからアメリカでの合宿を敢行。現地コーチの指導を仰ぐなど、「海外アレルギー」払拭に取り組んできた。

 その効果を実感できたのが昨年のリオ五輪だ。大会1カ月前に骨折するトラブルに見舞われながらも出場した結果、7900点台をマークできたことから、「万全であれば大舞台でも力を発揮できる」確信を得ることができたという。「出口は見えた。8月の世界陸上では体調をしっかり整え、8位入賞を目指したい。出場したロンドン五輪の時と同じ競技場での開催もプラスに働くと思う」と右代さん。リオ五輪の同種目8位入賞者の得点は8332点。競技状況が異なるため一概には言い切れないが、自己記録が出せれば、入賞は手の届くところにあると考えられる。

 現在は、母校である多摩市の国士舘大学を拠点に、「弱点」と考えるスプリント能力の強化を念頭に置いた練習に励んでいる。「スピードが上がれば、走幅跳などにも生きてくる。自分の強みである投てき系種目を更に伸ばすという考えもあるが、私は『弱点は最大の伸びしろ』と考えているんです」

市内で身体「整備」

 八王子高校出身の妻との結婚を機に、右代さんが東中野に住み始めたのは13年。”日本一の身体”の「整備」には市内のトレーニングジムや治療院を活用している。「都内なのに静かで落ち着きが感じられる東中野はお気に入りの場所のひとつ」と右代さん。八王子で心身を整え「世界」に挑む。
 

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

医療ウィッグ用、髪を寄付

医療ウィッグ用、髪を寄付 社会

市内で広まる「ヘアドネ」

11月26日号

事業者 補助金関心高まる

事業者 補助金関心高まる 経済

コロナ 都内拡大に伴い 

11月26日号

学芸員 歴史解説が好評

学芸員 歴史解説が好評 教育

小中高に 八王子城跡で 

11月19日号

南大沢 スマートシティに

南大沢 スマートシティに 社会

東京都 協議会設立

11月19日号

八王子代表は河井さん

農業男子投票企画

八王子代表は河井さん 社会

「上位目指す」 都内14人参加

11月12日号

石川さん 都優秀技能者に

石川さん 都優秀技能者に 経済

楢原町 貴金属細工加工工

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク