八王子版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

「不惑」で交流 おやじラガー 八王子に発足1年

スポーツ

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena
八王子不惑倶楽部のメンバーとその家族ら
八王子不惑倶楽部のメンバーとその家族ら

 40歳以上を対象とした草ラグビーのカテゴリーがある。「不惑」と呼ばれるもので、70年ほど前に東京で創設された。不惑チームは現在、全国各地に存在し、八王子でも昨年4月に発足。登録メンバーの増加を図りながら、生涯スポーツ振興、地域奉仕活動にも力を入れる。

80代まで61人 地域貢献も

 「あまり無理をしないので、実はそんなに怪我をしないんです」。高校時代からラグビーをはじめ、現在「八王子不惑倶楽部」(藤島泰朋代表/通称八惑(はちわく))の副代表を務める勝本憲司さん(44)は、そう話す。

 八惑は八王子ラグビースクールに通っていた子どもの保護者らが中心となり発足した。30代から80代まで、登録数は3月時点で61人になる。ほぼ週に一度、全体練習を実施。小宮町にある天然芝のグラウンドを確保している。

 リーグには所属しておらず初年度は、3試合を戦った。「勝利より交流目的が強い。地域ラグビーを盛り上げ、その環境づくりもしたい」。この1年、八王子近隣のスクールやスポーツ団体との交流や除雪作業などで地域貢献もした。勝本さんはそれらで「クラブの存在意義を示すことができた」と認識する。

活動の場を提供

 また地域に眠るラガーマンらに「活動の場所」を提供できたことに喜びを感じている。「ずっと八王子でプレーできる環境を探していました。チームができて良かった」(40代)、「ポスターを見て40年ぶりにやってみようと思った」(50代)。メンバーからそのような声が聞かれた。

 課題はさらなるメンバーの確保という。「まずは100人。良い練習、楽しい練習には最低20人は必要。30人いれば紅白戦ができます」。現状練習に集まるのは10人程度。「それぞれに仕事や生活があり、情熱も違いますので」。ポスター掲示を強化するなど、認知度アップも図っている。

「無理、無茶しない」

 「生涯スポーツとして楽しむためには『無理をしない』『無茶をしない』ことがポイントと思います」と勝本さん。ラグビーにおいては来年、「日本でW杯開催」という大きな話題がある。それを機に「八王子から盛り上げることができれば」と力が入る。今年度は各種大会への出場や主催して「八王子マスターズ」の開催も企画している。おやじたちの2年目の挑戦が始まった。

八王子版のトップニュース最新6

ゲンペイ多数 同時に舞う

ゲンペイ多数 同時に舞う 社会

ホタル 川町で「貴重な光景」

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「コロナ対策に力を」

7月9日号

高尾山の物語 日本遺産に

高尾山の物語 日本遺産に 文化

都内初 「明るいニュース」

7月2日号

2m離れて Tシャツで啓蒙

2m離れて Tシャツで啓蒙 社会

印刷会社が製造、販売

7月2日号

核廃絶訴え活動 

鑓水上田さん

核廃絶訴え活動  社会

3歳で被爆 「使命感ある」

6月25日号

市内AED配備に一役

八王子実践高恩田さん

市内AED配備に一役 社会

消防団のつめ所、提案

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク