八王子版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

市内小林さんら 高尾トレランに「待った」 マナー向上呼びかけ

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
ガイドを手にする小林さん
ガイドを手にする小林さん

 高尾駅近くでトレイルランニング用具専門店を開いている小林大允さんらが高尾山を走るランナーに向けてマナー向上を呼びかけている。「ハイカーとトレイルランナーが共存し、誰もが気持ちよく登れる山にしたい」と小林さんは話している。

 取り組みを始めたのは小林さんのほか、雑誌編集者の内坂庸夫さんと小林さん同様、都内でトレイルランニングのショップを開いている桑原慶さんの3人。

 昨年3月、内坂さんが「高尾山をベースにトレイルランナーのマナー啓蒙を行いたい」と小林さんらに声をかけ、マナー啓蒙を行う「高尾トレイルマナー向上委員会」を結成。活動をスタートさせた。

ガイドを作成

 まず取りかかったのが、ランナーに高尾山で守ってもらいたいルールを記したマナーガイドの作成。3人で議論を重ね、山では、「歩く人とすれ違う時は走ることをやめて歩きましょう」「動植物を傷つけてしまうので、トレイルの外に足を踏み入れないように」などのメッセージを記載し、完成したガイドを昨秋から高尾駅周辺などで配布し始めた。

 また昨年11月には、活動を周知するためのイベントを高尾山で開催。ランナーを集め、ハイカーが体験する「後ろから走り抜けられる恐怖」を体感してもらう企画などを実施したのだという。

 小林さんは「ガイドには、高尾山に人が集中し過ぎないように高尾近くの他のトレイルコースもいくつか掲載した」と話し、「人気スポットである高尾山でトレイルランのマナーを確立させ、全国のランナーらに広めていきたい」と意気込んでいる。

背景にトラブル増加

 小林さんらの活動の背景にあるのが、歩行者とランナーとのトラブル増加だ。近年、ランニング人気の高まりと共に全国各所でみられるようになっている。

 神奈川県鎌倉市では昨年、食べ歩きなど、公共の場で周囲の迷惑となる行為を慎むことを求める条例が施行されたが、その制定のきっかけとなったのは、ハイキング愛好団体のトレイルランナーへの指摘。

 「トレイルランはハイカーと接触事故を起こす危険がある」として、鎌倉市内のハイキングコースでの団体走行などの禁止を求める陳情を出したことが発端だった。

 昨年施行となった条例には、山道や混雑した場所で走りながら歩行者などを追い越したり、すれ違うことなどを迷惑行為として慎むこと、とされている。

 また、トレイルランナーである小林さんも「ランナーの恐怖」を感じたことのある一人。都内有数のランニングスポットである皇居を走っている時に後ろから、速いスピードで走りぬくランナーを「怖い」と感じた経験があるのだという。

 「高尾山は私の遊び場。鎌倉のように何らかの規制がかかることは避けたいんです」

来月、イベント

 小林さんらは来月にも、2回目の周知イベントを開く。内容については小林さんの店「アンサーフォー」のSNSなどで発表する予定という。

八王子版のトップニュース最新6

GoTo効果 市内にも

GoTo効果 市内にも 経済

店主ら「一時的」と焦りも

12月3日号

こま世界大会6位に

別所在住山瀬さん

こま世界大会6位に 文化

高1 関東で唯一の入賞

12月3日号

医療ウィッグ用、髪を寄付

医療ウィッグ用、髪を寄付 社会

市内で広まる「ヘアドネ」

11月26日号

事業者 補助金関心高まる

事業者 補助金関心高まる 経済

コロナ 都内拡大に伴い 

11月26日号

学芸員 歴史解説が好評

学芸員 歴史解説が好評 教育

小中高に 八王子城跡で 

11月19日号

南大沢 スマートシティに

南大沢 スマートシティに 社会

東京都 協議会設立

11月19日号

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク