八王子版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

もっと自然の遊び場を 主婦が活動 「子育て楽に」

教育

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
【上】みはらしプレーパークの活動の様子=提供写真/【下】イベントのチラシを持つ北見さん
【上】みはらしプレーパークの活動の様子=提供写真/【下】イベントのチラシを持つ北見さん

 禁止事項を極力なくした、自然の中の遊び場「プレーパーク」を知ってもらおうと宇津貫緑地(七国)で「みはらしプレーパーク」を運営する団体が8日(土)、みなみ野でイベントを企画している。みはらしは市内唯一のプレーパークで、代表で主婦の北見みゆきさん(七国在住)はこれを機に他地域へ取り組みが広がることを期待している。

 焚火、木工、ターザンロープ…そこには自然をいかした遊具があり、子どもたちは「工夫をし挑戦」する。北見さんによるとプレーパークは「子どもがやりたいことをできるようにした場所」で、デンマークが発祥。日本には40年ほど前に紹介されたそう。

 現在、全国各地にあり運営方法はさまざま。イベントとして開催したり、公園で常時実施している所もある。

 八王子のプレーパークは10年ほど前に誕生した。自然と関わりのある育児を考えていた北見さんは近隣の公園で活動する、みはらしの存在を知る。「木でロープ遊びをしていたり。母親も楽しそうでした」。ただ、開催は年に1、2回程度で、集まるのは20人ほどだった。

 3年前の3月、北見さんは当時の代表に誘われ一緒にプレーパークを主催した。会場を公園から緑地に移すなどし、結果的に200人以上の参加を記録した。課題も多かったが「同じ価値観を持つ母親」らが出会う機会の創出という大きな収穫があった。

 情報過多による戸惑いや混乱、母親ひとりでこなす「ワンオペ育児」…今の社会で子育ての課題はいくつもあるが、北見さんはプレーパークがその解決になると考える。「ここでは親が子どもに与えなくていい。子どもは自然の中で主体的に遊んでくれる」。子どもが親から離れる時間が生まれる。そのことで3児を育てる北見さん自身もとても楽になったと振り返る。

 北見さんは現在、年間10回ほどみはらしを運営しつつ、市内の他の場所にもプレーパークを作ろうと活動を広げている。2月8日、由井市民センターみなみ野分館(みなみ野)であるイベント(午後2時・無料)はそのためのもの。「関心を持ってもらった人と、これから進めていきたい」と期待する。

 プレーパークに参加したことのある2児の父親は「自然が子どもを育ててくれる感じがする。もっと色々なところにあったらいいと思う」と話した。

八王子版のトップニュース最新6

平均82歳 合唱活動再開

平均82歳 合唱活動再開 文化

シニアダンディーズ

9月17日号

グッズ作りで地域貢献を

グッズ作りで地域貢献を スポーツ

桑志高校 地元チーム応援

9月17日号

63億円を増額補正

八王子市予算案

63億円を増額補正 政治

コロナ対策、日本遺産PRも

9月10日号

「まちゼミ」オンラインでも

「まちゼミ」オンラインでも 経済

コロナ禍 受講者減の対策

9月10日号

社寺建築まとめる

元本郷町相原さん

社寺建築まとめる 文化

50部製本 「資料とし後世へ」

9月3日号

中3生に有終の美を

中3生に有終の美を 教育

部活動 市が交流大会

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク