八王子版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

八幡八雲神社青年会 つながり大切に30年 会員数「日本一」との声も

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
同会の「水あさぎ色」はんてんは八王子まつりの中心にある
同会の「水あさぎ色」はんてんは八王子まつりの中心にある

 元横山町・八幡八雲神社の青年会が今年、結成30年を迎える。480人を超える会員数は日本一ともいわれ、八王子市内のまつりなどでは”賑やかし”の中心にいる。結成時から会に属している栗原一会長は「もう30年という感じ。会員間のつながりを大切にしてきた」と話している。

 会の結成は1990年5月。1945年に起きた八王子空襲により焼失してしまった神社の神輿を新調したことがきっかけとなった。「せっかく、神輿を新しくするのだからはんてんを統一し、神社を支援してくれる人を組織化しようということになったんです」と神社の柚井正道宮司は振り返る。それはまつりでの喧嘩を防ぐねらいもあったのだと。「まつりで自分とは異なるはんてんを着ているものに因縁をつけるものがいてね。統制を図ることで無用なトラブルを避けるねらいもあったんです」

 そして会結成以来、神社で行われるまつりや節分などの催しを主となって支えてきた同会。現在、メンバーは10代から80代までの神社の氏子中心に構成され、活動を通して伝統行事の習わしを先輩から後輩へとつないでいく場としての役割も果たしてきた。

480人超え

 特筆すべきなのがその会員数だ。2年前に、東京都内の氏子青年会をまとめる東京都氏子青年協議会が発行した50周年の記念誌によると八幡八雲神社青年会の会員数は423人。50人にも満たない神社が多いなか、現在は480人を超えるほどに増えたといい、「全国で最多ではないかという声も聞いたことがある」と栗原会長は笑う。

 柚井宮司によると、多くの氏子が住む町会(JR八王子駅北口周辺)が26と多く、氏子以外の入会希望者がいることが要因となっているのだという。「氏子でなくても神輿を担ぎたいからと申し込んでくる方も少なくない。だから八王子以外の方も数多く在籍しています」と話す。栗原会長は「これからもうちのはんてんが憧れをもたれるようにしていきたいね」と笑顔をみせている。

会について語る栗原会長
会について語る栗原会長

八王子版のトップニュース最新6

「LGBTについて知って」

「LGBTについて知って」 社会

市内で取り組み活発化

4月2日号

住宅地に群生

片倉城跡のカタクリ

住宅地に群生 社会

「名所」定着 一方で悩みも

3月26日号

小仏川に古生代の化石か

小仏川に古生代の化石か 文化

棘皮動物「ウミユリ」と推測

3月26日号

地域 ブランド化し発信

商店会NPO

地域 ブランド化し発信 文化

グッズ等製作 魅力向上へ

3月19日号

「人の魅力」伝え70年

元八王子町新制作座

「人の魅力」伝え70年 文化

市内高校生らに指導も

3月19日号

コロナ 終息願い

産千代稲荷神社

コロナ 終息願い 文化

「できることを」 特別神事

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク