八王子版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

グッズ作りで地域貢献を 桑志高校 地元チーム応援

スポーツ

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
桑志高校バスケ部とビートレインズ選手の交流試合の様子
桑志高校バスケ部とビートレインズ選手の交流試合の様子

 都立八王子桑志(そうし)高等学校(千人町)が地元のプロスポーツチームの応援グッズを作ることで地域貢献を学ぶ。1学年による授業の一環で、来年1月のリーグ開幕に合わせマスクや横断幕を制作する。地域のチームを盛り上げ、その発展に貢献し達成感を得ることが狙い。9月9日、同校体育館に選手らを招き、関連の授業が開かれた。

 同校では1学年を対象に地域貢献を目的の一つとする授業「人間と社会」を設けている。活動を校内でなく地域まで広げ、体験を通じて社会規範や思いやりを学ぶもの。例年、同校近くの甲州街道などが会場となる「いちょう祭り」においての清掃活動をその授業に充ててきた。

 だが、今年はコロナ禍の影響でいちょう祭りの規模が縮小となる。そこで今回、地元八王子をホームに活動するプロバスケ「東京八王子ビートレインズ」(B3リーグ所属)に声をかけた。応援グッズを制作、提供することを地域貢献とし、同授業の代替とすることにした。

マスク、横断幕

 対象は1年生212人。制作するのはチア(応援)マスク300枚と応援ステッカー214枚。マスクは試合会場で観客に配り、ステッカーは横断幕に貼る。それぞれ来年1月に市内で開催されるビートレインズの今季開幕戦で披露される予定。生徒はそれまでの間に、個々の時間で作業を進める。

 9月9日、選手やチームスタッフを体育館に招き、地域貢献の理解を深めるため「人間と社会」の授業が行われた。チームの広報担当は「応援のおかげでビートレインズが強くなり全国的なチームになったら、八王子の知名度が上がり市内での試合に多くの人が訪れるようになる」とし、その結果「八王子の経済が潤う。それが活性化。より良い街になっていく」と説明した。生徒は「自分が作ったものが応援になり、地域につながっていくのは面白うそう」と話した。

「励みになる」

 最後はプロ選手と同校のバスケットボール部部員が試合をし、交流を楽しんだ。授業を見守った相田誠一校長は「生の試合も見ることができてチームに興味を持ってもらえたのでは」と喜んだ。チーム代表の室舘勲氏は「チームの魅力をしっかり構築していきたい」と話した。応援グッズについて選手らは「手作りものはとても励みになる」と歓迎する。なおチームがこのような形で高等学校と連携関係を持つのは今回が初めて。
 

披露された横断幕。ステッカーはここに貼る
披露された横断幕。ステッカーはここに貼る

八王子版のトップニュース最新6

11月15日「夜空見上げて」

11月15日「夜空見上げて」 社会

JCI 花火打ち上げ

10月22日号

高尾山口駅前にホテル

高尾山口駅前にホテル 社会

京王電鉄 来年夏開業

10月22日号

イノシシ出没 農家がっくり

イノシシ出没 農家がっくり 文化

高月地区 米収穫に影響

10月15日号

八王子ラーメン 40店を紹介

八王子ラーメン 40店を紹介 社会

有志団体 ガイドブック改訂

10月15日号

点検装い窃取 市内でも

点検装い窃取 市内でも 社会

警察署 高齢者へ注意喚起

10月8日号

コロナ禍行事 工夫で開催

コロナ禍行事 工夫で開催 文化

ハロウィン、キャンドル

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク