八王子版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

農業男子投票企画 八王子代表は河井さん 「上位目指す」 都内14人参加

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
「農業男子」の河井さん。川口町の畑にて
「農業男子」の河井さん。川口町の畑にて

 気になる「農業男子」に投票する試みが実施されている。JA東京グループによるもので、インターネットで受け付け、3位までを「広報大使」に選ぶ。JA八王子からは川口町の河井豊さん(35)がノミネートされた。投票は12月15日まで行われる。

ファン増やしたい

 事務局を務めるJA東京中央会では「東京に畑があることや、若い農家もいるということを知ってもらい、地場産のファンになってもらえれば」と企画の目的を話す。都内に14あるJAの中から1人ずつ代表者が選ばれている。

 投票を受け付ける特設サイトでは、ファッション誌を思わせるような撮り方で、仕事中の姿とオフショットを掲載。投票順位はリアルタイムで入れ替わるようになっており、11月5日時点で河井さんは4位。投票は全国から可能で、12月15日まで。

 投票した人は抽選で商品券などがもらえる。

「性格明るい」

 JA八王子青壮年部から推薦があったことと、八王子の地元ブランドとして売り出し中の果実パッションフルーツを生産していることから、川口町の河井さんに白羽の矢が立ったという。八王子パッションフルーツ生産組合の石川耕平組合長は河井さんを評して「性格も明るくて人当りもいい。ぜひ広報大使になって東京中に八王子のパッションフルーツをPRしてもらえれば。1位を目指して」と話す。

元塾講師

 河井さんは市内のパッションフルーツ生産農家としては最若手だ。生家は川口町で代々農家を営んでおり、河井さんは8代目になる。学生時代からストリートダンスをしたり、バンドを組んで音楽活動をしたりと「人前に出ることはちょいちょいやってました」と笑顔で話す。

 就農する前は、塾講師をしており、おもに中学生を相手に理科と数学を教えていた。「子どもと接するのが楽しかった。24時間、子どもや授業のことを考えていた」

 27歳で家業を継いだ。「野菜って、土に植えられているものなのに、長雨の後に泥が付くと、そこから病気になったりするんです。案外弱いというか」。しかし、そんなところが「かわいい」と表現する。「頑張って生きているんだなって」

孤独でない

 「やってみる前は、農業ってもっと孤独な仕事だと思っていた」と河井さん。しかし実際には、農家同士での交流も少なくないという。直売所では消費者とも触れ合う。「特にパッションフルーツは、先輩農家や商工会議所、JAなどと密に連携している。活動自体が楽しい」と話す。

 「将来的には練馬の大根のように、八王子と言いたらパッションフルーツといわれるようにしたい。『地元の名産をこれから作っていくんだぞ』という思いがあります」と意気込んでいる。

特設サイトでの河井さんの写真=提供写真
特設サイトでの河井さんの写真=提供写真

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

羽田投手 西武へ

八王子高校

羽田投手 西武へ スポーツ

プロ野球ドラフトで指名

10月21日号

10月に7割完了見込み

八王子市

10月に7割完了見込み 社会

コロナワクチン 会場減も

10月14日号

両区に7氏が出馬へ

衆院選八王子

両区に7氏が出馬へ 政治

東京第21区、24区情勢

10月14日号

職人気質で金賞狙う

桑志高校吹奏楽部

職人気質で金賞狙う 文化

東日本大会出場 9日から

10月7日号

受験生に優先予約

八王子市

受験生に優先予約 社会

コロナワクチン 中3高3

9月30日号

ゆかりの偉人を饅頭に

ゆかりの偉人を饅頭に 教育

学生 商店会と街おこし

9月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook