八王子版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

別所在住山瀬さん こま世界大会6位に 高1 関東で唯一の入賞

文化

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
技を披露する山瀬さん(スマホをかざすと動画再生されます※上枠参照)
技を披露する山瀬さん(スマホをかざすと動画再生されます※上枠参照)

 別所在住の山瀬圭さん(高校1年)がこのほど、こまの世界大会「ITSAワールド・スピントップ・オンライン・コンテスト2020」のオープンフリースタイル部門で6位に入賞した。関東からの出場では唯一の入賞。山瀬さんは「世界にはもっと上手い人がいた」と悔しさをにじませた。

 同大会はアメリカ、日本、チェコ共和国などを会場に2000年から開催されているこまの世界大会。今年は新型コロナウイルスにより、各競技者が演技動画を投稿するオンラインで実施。世界22カ国から延べ133人が参加した。

 山瀬さんが世界大会に挑むのは初。「演技動画を撮影して送るのなら挑戦しやすい。練習へのモチベーションも上がった」と経緯を話す。エントリーしたのはオープンフリースタイル部門。3分間、音楽に合わせて演技を行い、技の難易度やパフォーマンス性などが審査される。

 大会に向けた準備期間は3カ月間。土曜、日曜は別所にある長池公園自然館を借りて練習してきた。「最後1カ月は1日中こもりっぱなしに。投げだしそうになった」という山瀬さん。大会結果について、「5位以内を目指していたので微妙」と悔しさをにじませるが「自分に高評価をつけてくれた人もいた。それは嬉しかった」と話す。

努力が実る楽しさ

 幼稚園の取り組みでこま回しを習ったことがきっかけ。卒園してからも独学で技を練習する様子を見た母親の知子さんは、「こんなに好きならこまの世界を広げてあげたい」と思ったという。

 小学3年生の時に都内で行われたイベントに家族で参加。その場で日本こままわし協会の段位審査を受け、2段に認定されるほどの腕前だった。

 こまの技は、ほぼ動画を見て覚えた。ロープは編み方、使用する糸を変え、試行錯誤重ねながら最適なものを選ぶ。山瀬さんは「ゲームは課金すれば強くなるけど、こまは努力しないと上手くならない。それが魅力」と、語る。

新たな演技に意欲

 市内児童への指導教室や商店街のイベントにパフォーマーとして呼ばれるなど、活躍する。

 今春進学した和光高校(町田市)では「パフォーマンスサークル」の立ち上げを準備中。現在、ピアノやダンスをする仲間が集まっており、「こまと融合した演技ができそう。様々な形でこまを発信していきたい」と意欲を見せている。

技により使い分けするこまとロープ
技により使い分けするこまとロープ

八王子版のトップニュース最新6

地元劇団と芸者衆が共演

地元劇団と芸者衆が共演 文化

演劇作品 ネット配信

1月21日号

外務大臣表彰を受賞

めじろ台NPO

外務大臣表彰を受賞 社会

インドシナ難民支援

1月14日号

「菅公さん」に合格祈願を

高尾名店街

「菅公さん」に合格祈願を 文化

「日本一」の像 地域盛り上げ

1月14日号

一輪車チーム全国大会へ

一輪車チーム全国大会へ スポーツ

結成4年目 群馬で31日 

1月7日号

東京2020 希望の光に

東京2020 希望の光に 政治

小池都知事インタビュー

1月7日号

市民の声 長期ビジョンに

市民の声 長期ビジョンに 政治

石森市長新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク