八王子版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

町工場 独自商品に喜び 有志8人 BtoC学ぶ

経済

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
HFAによるグリーンフォーク
HFAによるグリーンフォーク

 市内の町工場が集まり「ものづくり」に挑戦しこのほど、商品を完成させた。できたのはゴルフの際に使用する「グリーンフォーク」。プロジェクトのスタートから2年、5月上旬、店頭に並ぶと担当者は「町工場にとって新しい道を示せた」と喜んだ。

 作ったのは任意団体HFA(Hachioji Future Association)の有志8人(8社)。HFAは市内の後継者育成カリキュラムに参加した卒業生らによる集まりで、現在およそ90人が所属している。

 8人は、いわゆる「町工場」を経営する製造業の代表者ら。普段の業務は、元請けから図面を受け取り、指示通りに納品する。そんなBtoB(企業間取引)がほとんどで、「自分たちが作ったものがどう使われているのか見る機会がなかなかない」ものだそう。

 そんな中、メンバー間で「自分たちで独自の商品を」「BtoC(企業と消費者との取引)の過程を学ぼう」という機運が高まり2019年秋、プロジェクトがスタートした。商品については「自分たちが欲しいものを」と、ゴルフ好きのメンバーも多かったことから、プレーの際グリーンを直すために使う「グリーンフォーク」に決まった。

受注減に「新しい道」

 市内インテリアショップの協力を仰ぎ、「現場の視点」を取り入れた。本体の製作はそれぞれの工場が担当した。プロジェクトをまとめた大野塗装工業(北野町)の大野晃一郎さんは「いくら町工場に実力があっても、需要がなければ商品は売れない」と、今回の過程で学んだマーケティングの重要性を話す。大野さんによるとコロナ禍で多くの町工場では受注が減っているそう。そのような状況下での今回の取り組みは「(Bto Cで)新しい道を示せたと思う。どういう人が買ってくれるか、楽しみ」と達成感があるようだ。

 プロジェクトを見守った八王子商工会議所の担当者は「自分たちが作ったものが直接エンドユーザーに渡るという経験をできたということは、町工場にとって大きな一歩」と話した。
 

八王子版のトップニュース最新6

市内2球場 新愛称に

富士森公園上柚木公園

市内2球場 新愛称に 社会

スリーボンドが命名権

6月10日号

64歳以下、27日から

新型コロナワクチン接種

64歳以下、27日から 社会

難病、基礎疾患ある人優先

6月10日号

自治会が予約を支援

新型コロナワクチン接種

自治会が予約を支援 社会

スマホ使い大学生も

6月3日号

由木音頭 YouTubeで公開

由木音頭 YouTubeで公開 文化

祭り減少 「踊り方残すため」

6月3日号

30万円 児童書に寄付

環境リサーチ(株)

30万円 児童書に寄付 社会

「20年継続したい」

5月27日号

念願かない公園開所

明神町二丁目町会

念願かない公園開所 社会

要望書提出から15年

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter