多摩版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

多摩市&UR都市機構 地域包括ケア構築へ協定 4団地で取り組み推進

社会

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする阿部市長、小池多摩・神奈川地域本部長
協定書を手にする阿部市長、小池多摩・神奈川地域本部長

 多摩市は11月16日、市内に多くの賃貸住宅団地を有するUR都市機構(独立行政法人都市再生機構)と「多摩市版地域包括ケアシステム構築の連携協定」を締結した。同協定は、多摩市が取り組みを進める「多摩市版地域包括ケアシステムの構築」と、UR都市機構が目指す「地域医療福祉拠点化」による多世代コミュニティ形成について、相互に連携・協力することが目的。今後、多摩ニュータウンを構成する諏訪、永山、貝取、豊ヶ丘の4団地で先行して取り組みを進めていくという。

 多摩市では現在、「健幸都市(スマートウェルネスシティ)・多摩の創造」を掲げ、高齢者だけでなく障害者も含めた、住み慣れた地域で生き生きと暮らし続けるまちづくりをめざし、「多摩市版地域包括ケアシステム」の構築に向けた取り組みを進めている。そうした中で、地域の協力を得て、多世代間のコミュニティづくりにつながる身近な相談拠点を整備、推進することを計画している。

 一方で、UR都市機構は、少子高齢化への対応、地域包括ケアシステムの構築のために「地域医療福祉拠点化」への取り組みを進めており、現在、地域の関係者と連携・協力しながら、管理する賃貸住宅団地を「地域の資源」として活用し、地域に必要な住宅・施設・サービスの整備を推進している。

 今回の協定は、そうした両者の取り組みを進める中で相互に連携・協力していくことを目的としており、今後、多摩ニュータウンの諏訪、永山、貝取、豊ヶ丘の4団地で先行して、「多摩市版地域包括ケアシステム」の構築、「地域医療福祉拠点化」による多世代コミュニティの形成に取り組んでいくことを目指していく。そのうち、永山団地では、今年10月に団地商店街のUR賃貸施設に多摩市中部包括支援センターが移転し、市内初の「高齢者見守り相談窓口」を設置するなど、すでに先行して取り組みが進められている。

「取り組み推進へ連携を」

 協定締結式に出席したUR都市機構の小池昭夫多摩・神奈川地域本部長は、「現在取り組みを進めている永山団地は地域活動を行っている関係者が多数参加している。従来からのそうした基盤の蓄積があって地域に受け入れられた。今回の協定によって、今後市と相互に連携・協力しながら取り組みを進めていきたい」と話した。

 また阿部裕行多摩市長は「先行する永山は永山のやり方で、他の地区はその地区にあった方法で地域包括ケアシステムづくりを進めていきたい」と今後に意欲をみせた。

多摩版のトップニュース最新6

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に

多摩市総合計画

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に 社会

第3期基本計画がスタート

7月11日号

機運醸成へ着々

東京五輪ロードレース

機運醸成へ着々 スポーツ

テストイベント等各所で

7月11日号

相模原駅まで先行整備へ

小田急多摩線延伸

相模原駅まで先行整備へ 社会

多摩市「議論深めていく」

6月27日号

病院にいる子どもたちへ

東京医療学院大学

病院にいる子どもたちへ 社会

「キワニスドール」を製作

6月27日号

6年ぶりに関東大会出場

多摩消防署特別救助隊

6年ぶりに関東大会出場 社会

救助の迅速・確実性が評価

6月13日号

糖尿病重症化に待った

多摩市

糖尿病重症化に待った 社会

薬局で生活習慣改善支援

6月13日号

33階「タワマン」を計画

聖蹟桜ヶ丘駅北地区

33階「タワマン」を計画 社会

520戸、市内で最高層建物に

5月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク