大和版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

大和の芋焼酎 和み(なごみ) 4千本 間もなく完売 新たな特産品として人気が集中

完売間近とされる「大和の芋焼酎 和み」
完売間近とされる「大和の芋焼酎 和み」

 大和市内で栽培されたサツマイモ「紅あずま」を原料にした「大和の芋焼酎 和み」が11月1日から発売された。限定4千本のプレミアム感と味の良さが評判となり、売り切れる酒販店が続出しているという。

 この芋焼酎は、平成21年に立ち上げられた大和市推奨品栽培プロジェクト会議(小林之夫会長)の発案で商品化されたもの。休耕農地を活用して栽培したサツマイモを使い、新たな特産品を作り出すことで、市内の農業を活性化させることも目的としている。

 昨年5月に下鶴間の畑で農業関係者やボランティアら約90人が参加して5500本の苗を植え付け、10月に約5トンを収穫した。芋焼酎の製造は、関東近県の酒造メーカーの焼酎を試飲した上で、茨城県水戸市の明利酒類(株)を選んだ。

 その後、市農政課では広報などを通じて焼酎の名称を募集。588件の応募から下鶴間在住の篠田葉子さんの「大和の芋焼酎 和み」が選ばれた。デザインも、市内にある印刷会社6社でコンペを行い、会議を重ねた結果、松代印刷(株)が作成したものに決定した。

 市農政課によると味の評判も上々。通常、芋焼酎の熟成は6カ月なのに対し、「和み」は11カ月をかけてゆっくりと熟成させる。その結果、「芋の甘みが強く、ロックでも美味しく飲める」(農政課職員)そうだ。

嬉しい悲鳴

 「大和の芋焼酎 和み」は720ミリリットル入りで税込1250円。今回、販売されたのは4千本だ。販売を手がける神奈川県央酒販組合大和支部の小林文夫支部長は、「これまでの大和市産のお酒の中でも売れ行きがいい」と笑顔を見せる。

 しかし、限定生産のため在庫がないのが悩みの種。「次回の販売は来年の11月。購入できない人には申し訳ないが、来年以降を楽しみにしてほしい」と小林支部長は話している。在庫はわずかだが、まだ購入も可能。市内の一部飲食店でも味わうことが可能だ。問い合わせは同支部/【電話】046(267)7718へ。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6件

鶴間台が初優勝

ママさんバレーやまゆり杯

鶴間台が初優勝

3月16日号

乗換改札機が新設

相鉄線大和駅

乗換改札機が新設

3月16日号

「大和(カリフォルニア)」を先行上映

YAMATO映画祭

「大和(カリフォルニア)」を先行上映

3月9日号

「北のまち」拠点として開業

東急中央林間ビル

「北のまち」拠点として開業

3月9日号

受診率向上へ住生と協定

大和市がん検診

受診率向上へ住生と協定

3月2日号

大和で語る、あの日の記憶

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク