大和版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

大和市立図書館 蔵書検索機能が充実 県内初「クラウド型」システム導入

文化

利用者の要望にも応じやすくなった =市立図書館
利用者の要望にも応じやすくなった =市立図書館

 大和市立図書館(井上克彦館長)が今月4日から、蔵書管理に「クラウド型システム」を導入した。従来型の管理システムはすでに5年契約のリース期間を2年間更新していたため、7年ぶりに最新の蔵書検索機能などが利用できるようになった。

 大和市では、市内深見西にある市立図書館のほか、渋谷、林間、桜丘、つきみ野の各学習センターに図書室を設置。本の貸出しや返却、貸出し予約、蔵書管理を7年前に導入した市立図書館のサーバーで一元管理していた。

 初期の設置費を合わせた5年間のリースによる費用は約9500万円だったが、新システムでは同じ期間で約8500万円で済み、年間約200万円の経費節減になる。

 1月4日に導入した新システムは、NECが提供するクラウド型システム。クラウド型とはコンピュータ処理を外部のデータセンターを活用してネットワーク経由で利用する形態で、図書館内に独自にサーバーを設置して管理する従来の方式よりも、システムダウン時の速やかな対応が可能なほか、災害時の安全性にも優れているという。

 大和市が蔵書する43万冊分の返却や予約データなどが瞬時に更新されるため、ネット上で予約状況を確認した上で貸出期間の延長を申し込むことができるほか、予約取消や多機能な検索サービスの利用が可能となった。従来のタイトルや著者名、出版者、内容などのキーワード検索に加え、ジャンル検索、図書分類検索が可能になったほか、貸出ランキング、新着図書の紹介も充実した。

 ホームページは「大和市立図書館蔵書」で検索。問い合わせは市立図書館/【電話】046・263・0211へ。
 

大和版のトップニュース最新6件

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

地ビール業界に革新

メイクラフト株式会社

地ビール業界に革新

2月2日号

インフル 警報レベルに

大和市

インフル 警報レベルに

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク