大和版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

下和田間塚恭一さん 台風被害の記録と記憶  54年前の写真発見、市に提供

社会

 伊豆半島から関東地方を中心に1200人以上の死者・行方不明者を出した1958(昭和33)年9月27日の台風で氾濫した境川流域の様子を撮影した写真がこのほど、下和田の間塚恭一さん(77歳)の自宅から見つかった=写真上。

 「狩野川台風」と呼ばれるこの台風は、同年9月26日夜に伊豆半島の東を通過、27日午前0時ごろ神奈川県東部に上陸した。大和市域では境川が「大氾濫」を起こし、川沿いの田んぼがほぼ水没。道路や鉄道も不通となったという。

 この写真は、台風による大雨で氾濫した境川を下和田地区でとらえたもの。収穫目前の稲が浸水被害を受けた様子を撮影して繋ぎ合わせている。撮影場所は、横浜市側のいちょう団地付近から大和市側(西側)を撮影したものとみられる。

 間塚さんは古い写真の収集が趣味で、8年ほど前に知人を介してこの写真を入手。自宅で探し物をしていた時に偶然見つけたという。

貴重な史料

 この写真を見つけた間塚さんは「記録として役立てられないか」と、大和市に連絡したところ担当課から「災害の記録はあまり残っていない。貴重な史料」と返答があったという。そこで、この写真とあわせ、台風が直撃した当時の記憶を呼びい起こしながら文章にまとめて提供した。

 間塚さんは「当時は23歳だった。あのすさまじい豪雨と、翌朝の静まりかえった境川の様子が今でも忘れられない。境川の水害に何度も見舞われた大和市の歴史の記録として残すことができてよかった」と話している。
 

写真を保存していた間塚さん
写真を保存していた間塚さん
いちょう団地が建設された現在の境川
いちょう団地が建設された現在の境川

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク