大和版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

桜ケ丘中央病院 4月3日に移転開院 検診機能など強化

福田1の7の1に完成した新病院
福田1の7の1に完成した新病院

 老朽化にともない、建設が進められていた医療法人社団哺育会 桜ヶ丘中央病院(島崎猛院長)の新病院がこのほど、福田1の7の1に完成し、3月20日に竣工内覧披露会が行われた。

 桜ヶ丘中央病院は1980年12月に設立。大和市南部の中核病院として、長く地域医療に携わってきた。

30年を経て施設が老朽化したことにともない、耐震や防災の観点から2011年の12月に新病院の建設工事に着工。今年2月28日に完成した。

 新病院は、地下1階地上7階建て。延床面積は約9200平方メートルでベッド数は171床。診療科目は内科、外科、整形外科、小児科、循環器内科、リハビリテーション科など13科。常勤・非常勤を合わせ350人のスタッフが従事する。

 新たに、明るく開放的なリハビリテーションルームを設置したほか、検診部門を独立。地域住民や企業の定期健康診断を通して、疾病予防に力を注ぐ。また、MRIなど診断機器の充実も図っている

 新築移転にともなう竣工内覧披露会には、市内の医療関係者や地域の住民ら500人以上が来場。同院スタッフの案内のもと、真新しい病院内を見学し、見晴らしのよい7階のリハビリルームや手術室などに感嘆の声をあげていた。

 島崎院長は「医療の進歩にともない、より充実した診療を受けていただける病院になったと思います。今後も大和市や大和市医師会とも連携し、安心で安全な医療を提供できるよう、努力していきたい」と話していた。

 現在の病院での診療は3月30日(土)まで。31日(日)から4月2日(火)の期間は全科休診とし、移転作業を行う。新病院での外来診療は4月3日(水)からとなる。

 問い合わせは桜ヶ丘中央病院/【電話】046・269・4111へ。
 

明るく開放的なリハビリルーム
明るく開放的なリハビリルーム

大和版のトップニュース最新6件

ケガ乗り越え 夢の全国

大和高校矢内さん(競歩)

ケガ乗り越え 夢の全国

7月27日号

今週末は阿波おどり

2つの「アメ」で設置促す

大和市保育施設

2つの「アメ」で設置促す

7月20日号

「ギタマン」全国へ

セシリア中高

「ギタマン」全国へ

7月20日号

移駐完了で騒音大幅減

厚木基地

移駐完了で騒音大幅減

7月13日号

七夕に500万人達成

シリウス

七夕に500万人達成

7月13日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク