大和版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

大和南高校女子バレー部 2選手が全日本ユースに インターハイ制覇託し世界へ

スポーツ

日本代表のユニフォームで世界大会での健闘を誓う宮本菜月選手(左)と白井美沙紀選手
日本代表のユニフォームで世界大会での健闘を誓う宮本菜月選手(左)と白井美沙紀選手

 県立大和南高校女子バレーボール部の白井美沙紀(2年)と宮本菜月(2年)の両選手が、全日本ユースに召集された。7月26日から8月4日までタイで開催される「第13回世界ユース女子バレーボール選手権大会」に全国から集まった12人で出場する。

 大和南は今年6月の県大会で優勝し、9年連続10回目のインターハイ出場を決めた。7月13日には同校で壮行会が開かれ、地域で支援する出席者らを前に、7月28日から福岡県で開催されるインターハイでの健闘を誓った。

 本来、チームをけん引する役割を担う白井選手と宮本選手だが、インターハイと世界ユース大会の日程が重なるため、2人は世界で、チームは日本で、それぞれ頂点を目指すことになる。

お互いに成長を

 「日本代表に選出されるのは名誉なこと。ただ、2人抜きでインターハイを勝ち抜くのは難しい。送り出すか、本当に悩みました」と井上和昭監督は胸の内を明かす。2人も「日本代表を辞退してインターハイを選ぶ選手もいる。チームを離れていいのか悩んだ」と口をそろえる。

 もちろん3年生にとっては最後のインターハイ。そこで井上監督は3年生だけでミーティングを開き、意見を聞いた。出された答えは満場一致で「2人を日本代表に送り出し、自分たちだけで戦う」だった。

 福田春奈キャプテンは「白井、宮本にとっても世界で戦うことで大きく成長できる機会。チームも2人がいない中で戦うことによって成長できるはず」とチーム全員の思いを代弁する。その思いを受け、井上監督も2人を送り出すことを決断したそうだ。

 「個人として幅を広げるチャンス。成長して戻ってくることで貢献したい」と宮本選手が話せば、白井選手も「大好きなチームを離れてまで行くので、世界一を目指したい」と世界での活躍を期している。

 世界ユース大会は2年に1度の開催。地域別の予選を勝ち抜いた20カ国が出場する。
 

大和版のトップニュース最新6件

ケガ乗り越え 夢の全国

大和高校矢内さん(競歩)

ケガ乗り越え 夢の全国

7月27日号

今週末は阿波おどり

2つの「アメ」で設置促す

大和市保育施設

2つの「アメ」で設置促す

7月20日号

「ギタマン」全国へ

セシリア中高

「ギタマン」全国へ

7月20日号

移駐完了で騒音大幅減

厚木基地

移駐完了で騒音大幅減

7月13日号

七夕に500万人達成

シリウス

七夕に500万人達成

7月13日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク