大和版 掲載号:2013年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

草柳保育園 災害時の食を点検

社会

見慣れない非常食を真剣にのぞきこむ子どもたち
見慣れない非常食を真剣にのぞきこむ子どもたち

 大和市立草柳保育園(相原叔子園長)で14日、災害時を想定した炊き出し訓練が開催され、全園児約110人が参加した。

 市内に5園ある公立保育園全園では、大地震の際などに保護者が園児を迎えに来ることができず、さらに調理場が使用できない状況を想定した炊き出し訓練を各園で実施している。

 この日は、同園2階の調乳室で地震に伴う火災が発生したことを想定。保育士と園児が広域指定避難所の引地台公園に約30分かけて移動し、園に残った保育士と調理師が電気やガスが使えない状況を想定した中でアルファ化米とけんちん汁の缶詰にお湯を加えて作る工程を確認した。

 相原園長は「実際に炊き出し訓練を体験できたことは貴重な経験になりました。今後に活かしていきたいです」と話していた。
 

大和版のローカルニュース最新6件

市民が創る「やまと物語」

8月4日・5日

市民が創る「やまと物語」

7月27日号

宿題に、大人も苦戦

EASTリーグ優勝

シルフィード

EASTリーグ優勝

7月27日号

ヤンゴンで理科教室

緑野FCが優勝

緑野FCが優勝

7月27日号

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

7月27日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク