大和版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

市内在住青木選手 いざ、世界水泳へ 出場を市長に報告

スポーツ

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
大木市長(左)に世界水泳出場を報告する青木選手(中央)と野口会長(右)
大木市長(左)に世界水泳出場を報告する青木選手(中央)と野口会長(右)

 大和市在住で法政大学3年の青木智美さんがこのほど、7月下旬からロシアで行われる世界水泳選手権大会の日本代表メンバーに選ばれた。6月23日には大和市役所を訪問し、大木哲市長に出場を報告した。

 青木選手は市立緑野小学校、市立南林間中学校出身。現在は、法政大学の水泳部に所属している。東京辰巳国際水泳場で4月に開催された「第91回日本選手権水泳競技大会」で好成績を収め、7月下旬からロシアのカザンで行われる「第16回世界水泳選手権大会」の女子800メートルリレー日本代表メンバー4人の一人に選ばれた。

 市役所には当日、青木選手のほか、大和市水泳協会の野口恒明会長らが訪問。青木選手のプロフィールやこれまでの大会での成績などを市長に説明した。

 報告を受けた大木市長は「約23万人の市民が応援しています。ぜひ頑張ってください」と激励。青木選手は「世界水泳で12位以内に入らないと、来年行われるリオオリンピックでの日本チームの出場権が取れなくなってしまう。オリンピックへの出場権確保と、女子800メートルリレーの日本記録更新を目標に頑張っていきたい」と、意気込みを語った。

練習量倍増で急成長

 「黄金世代」と呼ばれる同学年の選手たちが日本代表に選ばれて活躍するなか、悔しい思いを重ねてきたという青木選手。練習量をそれまでの倍に増やすなど努力を続け、今回の国際大会での日本代表という切符を手にした。

 「水泳をやっている人が多いですが、それに比べて観戦する人は少ない。世界選手権はテレビ中継もあるので、ぜひ応援してほしい」と話した。
 

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

「いもだんご」は平和の味

「いもだんご」は平和の味 社会

反戦の思い次代に――平原久子さん

10月18日号

令和の新風物詩に

大和JC

令和の新風物詩に 文化

26日(土)、一夜限りのイルミイベント

10月18日号

市内で早くも学級閉鎖

インフルエンザ

市内で早くも学級閉鎖 社会

昨季より2か月早く

10月11日号

「市民の台所」へ 食品充実

スーパー開店

「市民の台所」へ 食品充実 社会

11日ローゼン、12日イオンスタイル

10月11日号

南房総、食べて応援

10月5・6日大和駅前

南房総、食べて応援 社会

全国の「うまいもの」集結

10月4日号

14歳が「髪を切る」理由

タウンレポート

14歳が「髪を切る」理由 社会

知って「ヘアドネ」

10月4日号

市内ゆかりの選手が出場

市内ゆかりの選手が出場 スポーツ

あす開幕、茨城国体

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読者プレゼント

読者プレゼント

室内楽コンサート

11月4日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク