大和版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

観光資源を発掘する会 寺社彫刻の魅力伝えたい プロの写真家招き講演会

文化

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
講演会を行う若林さん(左)と上田代表(右)=諏訪神社
講演会を行う若林さん(左)と上田代表(右)=諏訪神社

 市民団体「大和市の観光資源を発掘、企画する会」(上田康史代表)が9月29日、プロ寺社彫刻写真家の若林純さん(58)を招いて講演会「寺社の装飾彫り物〜大和十龍」を行う。寺社彫刻の魅力を多くの人に感じてもらい、彫り物への保存意識が高まることを目指す。

 「大和市の観光資源を発掘、企画する会」は昨年2月、埋もれている市の観光資源を探し出し、新たな形で企画提案することを目的に発足した。「龍」の彫り物がある市内10カ所の寺社仏閣に注目し、龍を巡る「大和十龍めぐり」などを企画している。

 講演会の開催は、この会の代表の上田さん(下鶴間在住・67)が、偶然手にとった写真集『寺社の装飾彫刻』に魅せられたことがきっかけ。「同じ彫り物をテーマに活動しているこの写真家に話を聞きたい」と数か月前に出版社に出向き、著者の若林さんと出会った。若林さんは上田さんの熱意に打たれ、今回の講演会を引き受けた。

 若林さんは日本大学芸術学部写真学科を卒業後、国内外の建築などを撮影しているプロの写真家。2006年頃から、忘れ去られていた江戸文化の寺社彫刻に興味を持ち、以来10年間で全国約1300寺社を取材撮影している。

 講演会では仏像人気の陰に隠れ、あまり注目されていなかった寺社の装飾彫刻に光をあてて彫刻大工の、のみ技を解説。魅力的な彫り物がある市内の寺社も紹介するという。29日午後1時30分からつきみ野学習センターで行われ、入場料は無料。先着順で、定員になり次第締切。問合せは同会【電話】046・260・7025。「大和にも芸術性の高い彫り物があることを知ってほしい。寺社の彫り物が世界に誇れる日本の文化と理解され、保存意識が高まれば」と2人。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

100歳以上は95人

もうすぐ敬老の日

100歳以上は95人 社会

市内最高齢は109歳の女性

9月17日号

在宅救急隊を始動

大和市消防本部

在宅救急隊を始動 社会

救急搬送待ちを回避

9月17日号

商議所で職域接種

新型コロナワクチン

商議所で職域接種 社会

3000人分を確保

9月10日号

西堀さん(光丘中1年)が日本一

西堀さん(光丘中1年)が日本一 教育

全日本Jrクラシック・ピアノ部門

9月10日号

第1号案件に市内2社

県SDGsファンド

第1号案件に市内2社 経済

(株)ケイ・システムとシルフィード 

9月3日号

オンラインで啓発

防災フェスタ

オンラインで啓発 コミュニティ社会

防災意識の継続図る

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook