大和版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

中央林間街づくりビジョン 市北部の都市機能整備へ 事前の意見公募に117件

政治

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
駅周辺の整備などが計画されている(写真は田園都市線の正面口付近)
駅周辺の整備などが計画されている(写真は田園都市線の正面口付近)

 大和市は、中央林間駅周辺に図書館やスポーツ施設、駅北東側に改札口の新設などを盛りこんだ「中央林間地区まちづくりビジョン」を策定し、9日に公開した。8月に行われた同ビジョン案への市民意見公募では35人から117件が寄せられたが、大きな変更を加える点などがなかったことから、最終的に中央林間地区のまちづくり基本方針として位置付け、今年度中に基本計画を策定し整備手法を検討する。施設完成やオープンは2018年度を目指す。

 中央林間地区街づくりビジョンは、【1】同ビジョンの位置づけ【2】まちづくりの課題【3】まちづくりの方針【4】新たな拠点施設の整備【5】新たなライフスタイル――などで構成されている。

 位置づけでは、中央林間地区に不足している都市機能を明らかにし、公有地や民間事業者が保有する資産などを効果的に活用しながら、健康で快適な生活環境の構築などを目指す、という方向性を示している。  課題では、IKOZAのある市南部や文化創造拠点の整備が進められている市中部に比べ、市北部は多世代の市民が交流する場が不足している、と指摘。方針では、「緑と文化に包まれた誰もが住みたいと思えるまち 中央林間」を基本理念に掲げている。

駅周辺に図書館など

 拠点施設の整備では、中央林間駅の現在のロータリーや交通体系を見直し、ゆとりのある歩行空間やイベント空間を有した駅前広場を整備。小田急江ノ島線北東側に新たな改札口を設けることを検討し、駅北側踏切の拡幅を鉄道事業者と協力して取り組む。また、都市機能を充実させるために、駅周辺に図書館や子育て支援施設を設け、行政窓口の充実やコミュニティバスの再編も進める。

 多世代の健康維持の場として、市営緑野住宅跡地を活用し屋内スポーツ施設を進める。新たな市街地の整備では、同地区北東部の内山地区(市街化調整区域)は、都市計画道路や下水道などの基盤整備とあわせ、段階的な市街化区域への編入を図っていく。

森の保全を求める声

 同ビジョン案への意見公募では、中央林間(つるま)自然の森の保全や駅周辺の整備などに、117件が寄せられた。街づくりビジョンやビジョンに対するパブリックコメントの実施結果は、市のホームページで公開されている。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

巨大ロボットが登場

巨大ロボットが登場 政治

21日、シリウスで体験フェス

12月13日号

国内リーグ 大和で初開催

実業団バドミントン

国内リーグ 大和で初開催 スポーツ

12月7日・8日 強豪トナミ運輸も登場

12月6日号

コアレスモータ社が大賞

神奈川工業技術開発大賞

コアレスモータ社が大賞 経済

白木氏は3度目

12月6日号

相鉄・JR直通線 開業

相鉄・JR直通線 開業 社会

あす30日から

11月29日号

市から10億円借り入れ

大和市立病院

市から10億円借り入れ 社会

運転資金不足の恐れ

11月29日号

「絶対女王」に挑む

大和シルフィード

「絶対女王」に挑む スポーツ

23日、皇后杯でベレーザと

11月22日号

10年ぶり 子ども議会開会

10年ぶり 子ども議会開会 教育

全小・中校から42人が参加

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

十人十色の輝き

十人十色の輝き

福祉施設にステンドグラス工房

12月17日~12月20日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク