大和版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

市内在住だいちゃん 米国での心臓移植、成功 半年後の帰国めざし治療

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
笑顔を見せる現在の大輝くん
笑顔を見せる現在の大輝くん

 重い心臓病を患った大和市内在住の迫原大輝くん(1歳8カ月)のアメリカでの心臓移植手術が現地時間の7月15日に行われ、成功した。移植後拒絶のピークといわれる術後48時間経過後も、状態は安定しているという。

 大輝くんは生後8カ月の15年7月15日に、拡張型心筋症との診断を受けた。補助人工心臓で命を繋いできたが、助かるには心臓移植のほかに術がなかった。

 感染症などのリスクもあり早期の移植が求められる中、両親はより可能性の高い米国での移植を希望。医療費など3億2千万円が必要なことから、両親の職場の同僚らが「だいちゃんを救う会」を立ち上げ、各地で募金活動を続けてきた。

 活動が継続する中、病状などを踏まえて両親は渡航を決意。7月12日に医療専用航空機で羽田空港を発ち、ニューヨーク市コロンビア大学に到着した。14日に待機リストに登録すると、その日の夜には提供者があり、翌15日朝に移植手術が始まった。約10時間にわたる手術は成功。移植後拒絶のピークとされる48時間も越えた。半年後の帰国をめざし、治療を続ける。

 両親は19日にコメントを発表。ドナーとなった米国の子どもへの冥福とその両親への感謝を表し、「心不全に陥ってからちょうど1年のこの日、大輝は新しい命をいただいた。全国の皆様の温かいご支援と、救う会の皆様、事務局メンバーのご尽力に感謝申し上げます」と述べている。救う会では、目標額到達まで募金活動を続けるとしている。

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

本多選手が五輪切符

水泳日本選手権

本多選手が五輪切符 スポーツ

200バタ、瀬戸選手抑え優勝

4月16日号

「大流行、肌で感じた」

タウンレポート

「大流行、肌で感じた」 社会

医師会・小林会長インタビュー

4月16日号

5世代の車両一堂に

5世代の車両一堂に 経済

19日ロマンスカーミュージアム開業

4月16日号

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter